NEWS

ニュース

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. 相続税対策でマンション購入、路線価認めず!

2022/04/19

相続税対策でマンション購入、路線価認めず!

 

お正月に今年注目の行事としてご紹介していた注目の判決が確定しました。

 

 

2022年 不動産と相続の注目行事

 

 

相続税対策としてタワーマンションを購入し、路線価による相続税算定の是非が問われた裁判で、令和4年4月19日 最高裁 第3小法廷において判断が下されました。

 

「路線価などによる画一的な評価を行うことが実質的な租税負担の公平に反する事情がある場合は(例外規定である財産評価基本通達6項の適用に)合理的な理由がある」

 

国税側勝訴の一審二審判決が確定し、追徴課税が3億円超です。

 

 

 

 

 

 

 

現金を不動産に代えて相続税節税

不動産の相続の場合、時価に基づいて算定と定められています。

 

しかし、国税庁は時価の算定基準として、国税庁が定める【路線価(地価公示の8割程度)】の使用を認めています。

 

ところが、都心部のマンションの場合、時価と路線価、時価と固定資産税評価との乖離が大きく、相続税の節税に効果が大きいため、節税対策として多くの方が利用しているのが現状です。

 

今回、路線価に基づく2棟の不動産評価額は合計3億3,000万円で購入価格の約4分の1。

 

一方、国税が示した鑑定による評価額は約12億7,300万円でした。

 

 

 

 

恣意的な課税? 国税のルール通り?

国税が定めたルールに則り算定した相続税申告が『著しく不適当』と否認されました。

 

最高裁は判決で『不動産の購入・借り入れがなければ、相続による本来の課税額は6億円超になっていた』とのことですが、「たられば」でルールの判断を変えられてしまうのであれば、そんな玉虫色の税法も最高裁も要らないと感じてしまいました。

 

もちろん、財産評価基本通達6項の明確な適用基準も示されることはありませんでした。

 

「たられば」で最高裁が判断するはずは無い、だとしたら。

 

 

相続人の中には被相続人の次男の子(孫)が孫養子として含まれていました。

 

 

 

国税庁のホームページには

『相続、遺贈や相続時精算課税に係る贈与によって財産を取得した人が、被相続人の一親等の血族(代襲相続人となった孫(直系卑属)を含みます。)および配偶者以外の人である場合には、その人の相続税額にその相続税額の2割に相当する金額が加算されます。』

 

 

 

 

 

『養子の数を法定相続人の数に含めることで相続税の負担を不当に減少させる結果となると認められる場合、その原因となる養子は数に含めることはできません。』

と書かれています。

 

ルールに沿った孫養子を咎めるでも無く、マンション購入時の年齢(90歳)を咎めるでも無く、マンション購入から被相続人が亡くなるまでの時間(3年)を咎めるでも無く、『不動産を購入していなければ』『借入をしていなければ』という「たられば」で『追徴課税は妥当』という判断なのでしょうか。

 

 

 

 

次は信託銀行を訴える!?

信託銀行に相談してスタートした【相続税対策(信託銀行内部資料に記載)】。

 

孫の養子縁組を手始めに、2棟の賃貸一棟マンションを立て続けに信託銀行からの借入により購入。

 

遺産の大半を孫養子が相続。

 

トドメは【相続税申告前に賃貸一棟マンションを売却】。

 

『資産として持ち続ける意図は無し』とも感じられ、信託銀行内部資料通り『相続税対策』のみが目的と税務署と同様に最高裁も判断?。

 

 

中身を見れば、誰もが感じる『やり過ぎ相続税対策』。

 

ただ、最高裁には基準を示して頂きたかったと思います。

 

 

信託銀行が『やり過ぎ相続対策』を主導したのであれば、次に訴えられるのは信託銀行なのでしょう。

信託銀行は訴えられないため、万全の一筆をスタート時に取得済みなのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

遺言信託で不動産を安値売却?

不動産と金利と金融機関

後見制度を利用する前に、この映画を見て下さい!

首都圏の生産緑地、延長が8割超

 

 

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00