NEWS

ブログ

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. 固定金利2ヶ月連続引上げ 不動産価格は?

2024/05/31

固定金利2ヶ月連続引上げ 不動産価格は?

 

10年物 国債の利回りが上昇を続け、

2011年7月以来13年ぶりに

1.1%を付けました。

 

日銀が目標と掲げる消費者物価の2%超上昇は

4月で8ヶ月連続です。(生鮮食品を除く)

 

日銀の追加の利上げが囁かれる中

6月の住宅ローン金利は

大手5行が固定金利を揃って引上げました。

 

 

日本経済新聞より

 

 

変動金利は現状維持です。

 

 

 

 

変動金利は簡単に上がらない?

短期金利に連動する変動金利は上がらない

という言説が溢れています。

 

短期プライムレート(短プラ)は当面上がらないかもしれません。

短プラが変動しなくても、

変動金利はここ20年間 下がり続けてきました。

 

現在の変動型住宅ローンの内訳は

店頭金利(基準金利)から大幅な金利優遇を行うことで

過去例の無い0.3%台という低金利を実現しています。

 

基準金利は2010年以降、2.475%で横ばいです。

にも拘わらず、優遇金利を拡大することで

変動金利を引き下げ続けてきました。

 

つまり、短期プライムレートが上がらなくても

変動金利の基準金利を上げなくても

優遇金利を変更(縮小)することで

貸出金利を引上げることが簡単に出来てしまうのです。

 

 

 

 

住宅ローン金利の長期推移

ダイヤモンドオンライン 不動産研究所より引用

 

 

 

変動金利(基準金利)        優遇金利         アメリカ変動金利

2012年     2.475%          1.475%           4.2%

2024年     2.475%          0.375%           7.1%

 

 

基準金利が動かなくても、変動金利は銀行の思惑次第で上下します。

 

因みに、物価上昇が顕著なアメリカでは

2020年に 2.85%の変動金利は

2023年には なんと8%を超えました。

 

 

変動金が上がり始めた頃には

固定型の金利は相当高くなっている可能性があります。

25年、30年、35年という長期間の借入です。

金利上昇を踏まえた資金計画が必用な時代に入りました。

 

※金利は大手銀行の代表的な金利です。

 

 

 

不動産の価格は金利次第

金利が上げれば、同じ年収では借入可能額が減少します。

金利が上がれば、利回り目的の収益不動産価格は下がります。

 

アメリカのように変動金利が数年で倍になるようなことは

日本では考えられないかもしれません。

 

0.3%の変動金利が1%になることは充分に

あり得るのでは、と考えています。

 

 

 

 

不動産と金利と金融機関

【リースバック】トラブル覚悟の老後資金対策!?

 

 

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00