NEWS

ニュース

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. がん診断、10年後の生存率が58.3%に

2020/11/19

がん診断、10年後の生存率が58.3%に

 

国立がん研究センターは 19日、2004~2007年にがんと診断された人の 10年後の生存率が 58.3%で、前回集計した 2003~2006年に比べ 1.1ポイント上昇したと発表しました。

 

 

 

 

21施設の約 9万 4千人の患者情報

データを取り始めた 2000年ごろから、同じ計算式で比較すると少しずつ向上しています。

 

集計に関わった千葉県がんセンター研究所がん予防センターの三上春夫部長は、生存率改善は新しい治療法の登場よりも「標準的な治療が全国的に受けられるようになってきたことが背景にあるのではないか」と話しています。

 

国立がん研究センターが 10年生存率を公表するのは 6回目です。

 

今回はがんの治療を専門とする 21施設の約 9万 4千人の患者情報を対象にしました。

 

 

 

 

 

 

部位別で生存率が目立って低かったのは膵臓(すいぞう)がん(6.2%)、肝臓がん(16.1%)、胆のう胆道がん(19.1%)だった。

 

一方、最も高かったのは前立腺がん(98.8%)で、乳がん(86.8%)、甲状腺がん(85.7%)と続きました。

 

また、2010~2012年の 5年後の生存率は 68.6%で、2009~2011年に比べて 0.2ポイント上がりました。

 

部位別の傾向は 10年生存率とほとんど同じでした。

 

詳しくは全国がんセンター協議会のホームページで確認できる。

アドレスはhttp://www.zengankyo.ncc.go.jp/etc/

 

 

2020/11/19   共同通信

 

 

 

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00