NEWS

ニュース

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. 旧奈良 監獄ホテル、開業延期へ

2020/11/13

旧奈良 監獄ホテル、開業延期へ

 

国の重要文化財の「旧奈良監獄」(奈良市)を活用し、星野リゾート(長野県軽井沢町)が2021年を目指していたホテル計画の新規開業が 2024年にずれ込むことがわかりました。

 

 

 

 

 

旧奈良監獄の運営権を持つ特定目的会社(SPC)の株式を星野リゾートが全額取得し、設計スケジュールなどを見直したためです。

 

旧奈良監獄を巡っては、17年に公共施設の運営を民間企業に委託する「コンセッション」で、法務省からビジネスホテルチェーンのソラーレホテルズアンドリゾーツ(東京・港)などが出資するSPCに運営権が売却されました。

 

しかし、ソラーレが事実上ホテルの運営主体からも手を引いたため、星野リゾートが 2019年 3月、ホテル運営を担うことになりました。

 

 

 

星野リゾートの星野佳路代表は日本経済新聞のインタビューで、「最初に運営権を取得した事業者が降りた時点でスケジュールがかなりタイトだった」と話しました。

SPC側から申し出があり、星野リゾートが19年10月にSPCの株式を全額取得し、事業主体としてプロジェクトを進める態勢に変更。

文化財の改修スケジュールの見直しなどを進めた結果、2021年中の開業は難しいと判断。

旧奈良監獄は明治政府が造った「五大監獄」で唯一全体が現存しています。

耐震工事などを施し、客室数を数十室前後に抑えた小規模な高級ホテルを目指します。

れんが造りやアーチ屋根のデザインを生かしながら、独居房を客室に変更。

価格は未定ですが、星野リゾートの高級ブランドの平均と同等の 1泊 5万~8万円前後となる見込みです。

監獄を改装したホテルは国内初で、世界的にも珍しい。

2020/11/13   日本経済新聞

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00