NEWS

ニュース

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. 飛鳥京跡苑池の構造明らかに 奈良・明日香村

2020/10/28

飛鳥京跡苑池の構造明らかに 奈良・明日香村

 

スタッフ発信のブログです!

 

国内初の本格庭園とされる奈良県明日香村の飛鳥京跡苑池(えんち)( 7世紀中ごろ)の発掘調査で、南北二つあった池のうち、北池の西岸が全て石積みの階段状護岸だったことが分かりました。

県立橿原考古学研究所が発表しました。

 

 

 

 

 

 

 

観賞用の南池と祭祀用の北池

既に判明している南池に加え、構造が不明だった北池の規模や平面形などの全容が明らかになり、担当者は「発見から 20年かかってようやくメインの二つの池の様子が分かってきた」と話しています。

 

2018年度から北池の構造を明確にする発掘調査を継続。

2020年度は残っていた北西部の約 380平方メートルを掘り下げた結果、2018年度の調査で想定された最大で東西約 36メートル、南北約 52メートルという規模が確定しました。

 

西岸は約 48・8メートルあり、北西角で東側に湾曲していました。

階段状護岸は直線部分で 9段分、湾曲部分で 7段分を確認。

後に改修された湾曲部より東側も元は階段状護岸だったとみられています。

 

これまでの調査で、南池の護岸は垂直だったことが分かっており、東アジアの宮廷庭園の色合いが残り観賞用との見方もある南池と、祭祀(さいし)用とみられる北池の構造の違いが改めて確認されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

苑池は斉明朝( 655~661年)に築造

北池は7世紀後半以降、護岸の裾部に盛り土をして砂利を敷くなどの改修がなされています。

池の北西部でも同様の遺構が見つかり、天武朝( 673~686年)の頃に整備されたとみられる流水施設を含め、改修が北池全体に及んでいたことも分かりました。

 

橿考研は、改修後は中央部に卵形の水面がある景観に大きく変化したとしています。

 

木下正史・東京学芸大名誉教授(考古学)は「天武朝の頃、州浜状の緩い傾斜の岸辺に造り替えられている。改修の時期はいろいろな文化が日本独自の変化をしていく時期に当たり、日本庭園につながっていく始まりの様子がかなり分かってきた」と話しました。

 

現地は 31日午前 10時~午後 3時に公開(小雨決行、密を避けるため説明はしない)する。

橿考研   電話  0744-24-1101

 

 

 

飛鳥京跡苑池

1999年に確認された飛鳥時代の庭園遺跡で、5人 6代の天皇の宮殿があった飛鳥宮跡内郭(内裏)の北西に隣接する。

供宴や祭祀(さいし)が行われていたとみられ、2003年に国の史跡・名勝に指定された。

復元整備に向け、奈良県立橿原考古学研究所が  2010年度から継続して発掘調査しており、2019年度には北池の北東部で石敷き・石組みの流水施設が発見された。

 

 

2020/10/28   毎日新聞

 

 

奈良テレビ放送 NEWS

 

 

 

 

 

 

飛鳥寺の「風鐸」国内最古の可能性

亀形石槽など復元 初公開 奈良文化財研究所飛鳥資料館

奈良時代に天皇へ海産物の定期便 出土木簡から解明

「飛鳥美人」公開始まる

 

 

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00