NEWS

ブログ

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. 4~9月発売の首都圏新築マンション、初の1万戸割れ

2020/10/20

4~9月発売の首都圏新築マンション、初の1万戸割れ

 

不動産経済研究所が 20日発表した 4~9月の首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の新築マンション発売は前年期比 26.2%減の 8851戸でした。

 

新型コロナウイルスで営業が止まり、調査開始から初めて 1万戸を割り込みました。

 

 

 

20年上期のマンション販売はコロナの影響が鮮明だった

 

 

 

4~9月期の戸数はバブル後の 1992年( 1万357戸)を下回り、過去最低となりました。

それでも不動産経済研究所は「積極的な購入が続いている」と直近の状況を分析します。

 

9月だけをみれば 2,477戸と、前年実績を上回っているためです。

 

 

 

 

 

 

 

 

東京都豊島区の注目物件を中心に、9月は 3物件の 167戸が即日完売。

地域別の発売戸数では千葉県が前年同月の 4倍強に拡大し、神奈川県とともに全体を押し上げました。

 

消費者の購入割合を示す契約率も 73.4%と、好不調の目安である 70%を超えています。

 

購入の主役は新型コロナで在宅勤務が増え、広い物件に住みたいと考えるようになったファミリー層です。

在宅勤務の環境を整えるため可能な限り早く引っ越したい人の中には「完成在庫」を探す動きも出始めています。

 

 

 

「夫婦が共に在宅勤務でストレスを感じていた」

東京建物の「ブリリアシティ三鷹」(東京・練馬)の購入者は、こう話した。JR三鷹駅からバスと徒歩の組み合わせで 10分以上かかりますが 2019年 8月末に完成しており、すぐ入居できる点やテレワーク可能な広さが魅力的だったといいます。

 

「ブリリアシティ三鷹」は 3~4LDKで 71~90平方メートルの部屋を 4千万~6千万円台で販売しています。

埼玉県八潮市や東京都江東区の物件にも問い合わせが増えており「都心・駅近」が絶対の条件ではなくなっています。

 

三菱地所レジデンスでも今夏から「完成在庫」の反応が増えました。

その 1つが「ザ・パークハウス青葉台二丁目」(横浜市)で 6月の完成後、売れ残っていた 70~80平方メートルの一部物件に問い合わせが集まりました。

 

東京都内から移る人もいたということです。

 

 

 

中古売りマンションは好調

中古マンションは人気だ。東京カンテイ(東京・品川)によれば都内での中古の平均希望売り出し価格(8月、70平方メートル換算)は前年同月を 2.5%上回る 5,154万円でした。

 

東日本不動産流通機構(東日本レインズ)がまとめた首都圏の在庫件数は 9月まで 10カ月連続で前年を下回りました。

 

 

2020/10/20   日本経済新聞

 

 

 

 

 

 

投資用マンションの価格上昇、7月~9月期

カナダの不動産ファンドが日本で1兆円投資

不動産投資額、1月~6月 首都圏が初の世界首位

金融緩和継続で 「ハイパーインフレ!?」

 

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00