NEWS

ブログ

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. 大阪工業大と枚方市が「密集防ぐシステム」

2020/10/12

大阪工業大と枚方市が「密集防ぐシステム」

 

大阪工業大学は大阪府枚方市などと連携し、祭りなどのイベントで来場者の密集を防ぐシステムを開発します。

スマートフォンの台数を検知して人の数や動きを把握し、AI(人工知能)で密集を警告。

「ウィズ・コロナ」時代を見据え、企業と連携してシステムの外部展開も視野に入れています。

 

 

 

 

リアルタイムで人の混雑度を予測します。

 

 

 

 

「枚方宿くらわんか五六市」で実験

開発しているのは情報科学部で交通システムを研究する尾崎敦夫教授の研究室。枚方市で毎月開催され 8,000人近くが訪れる「枚方宿くらわんか五六市」で実験します。

スマホの台数を Wi-Fi 測位機で検知。

数カ所のスポットに分けて人の移動を把握します。

時間帯や店舗の位置などから人の行動を予測するアルゴリズムを A I にプログラミングして数分後の人の分布を予測します。

人が数分後に密集しやすい場所がある場合、スポットごとに置いたサイネージから警告。

人が警告を見て一斉に移動しないようにするシステムの研究も進めます。

 

 

 

 

災害時の混雑回避システムを応用

現在は中断しているが、10月11日に再開予定の五六市でスマホの検知から実験を始めます。

 

その後、AIに人の行動パターンを学習させて予測の精度を上げます。

 

将来は警備会社などと連携し、五六市以外のイベントでの活用も視野に入れます。

 

尾崎教授の研究室は地域課題の解決のため、災害時の人の混雑を回避するシステムを開発していました。

 

今年に入って新型コロナの拡大に伴い、五六市で人の密集を避けるシステム開発に応用。

 

人の密集を避けるためには、警備員を配置して来場者を誘導するなどの人的負担が必要です。

 

ウィズ・コロナの時代に合わせて、AIで負担を軽減しながら密集を回避できるようにしたい考えです。

 

 

2020/10/07   日本経済新聞

 

 

 

 

 

 

崩れる都心回帰

マラソン大会、中止相次ぐ

 

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00