NEWS

ニュース

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. みなと銀行、遺贈寄付で日赤と連携

2020/09/17

みなと銀行、遺贈寄付で日赤と連携

 

みなと銀行は 17日、相続手続きを代行する遺言信託や遺産整理で、日本赤十字社兵庫県支部(神戸市)に財産を託す遺贈の受け付けを始めた、と発表しました。

 

同支部へ遺産の寄付を希望する場合、みなと銀が必要な手続きを引き受けます。

一定の遺産を持つが相続人がいない高齢者などの増加に対応しつつ、地元に役立つ使途の遺贈を後押しします。

 

 

 

連携協定を結んだ、みなと銀の武市専務(右)と日本赤十字社兵庫県支部の大久保事務局長(17日、神戸市)

連携協定を結んだ、みなと銀の武市専務(右)と日本赤十字社兵庫県支部の大久保事務局長(17日、神戸市)

 

 

 

 

遺言信託に注力

都道府県にある日本赤十字社支部と地銀の連携は関西初となります。

 

みなと銀は遺言信託に 2010年から取り組んでいます。

遺言信託と遺産整理の受託件数は 2020年 3月期に 220件で、今期は 280件と約 3割増える見通しです。

利用には最低 20万円の手数料がかかります。

 

 

 

日本赤十字社兵庫県支部と連携協定

みなと銀と日本赤十字社兵庫県支部が 17日付で連携協定を締結しました。

みなと銀の武市寿一専務は同日の記者会見で「身寄りがないため、自分の財産が(死後に)国庫に入るくらいなら、地元で使ってほしいというニーズが増えている」と話します。

 

日本赤十字社兵庫県支部の大久保博章事務局長は「災害救護の充実など地域の安全向上のために使いたい」と語りました。

 

 

 

 

 

自筆証書遺言書の法務局保管を申請しました ①(保管申請の流れ)

遺贈・寄付の関心が高まる?

和歌山県田辺市が寄付財産を評価

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00