NEWS

ニュース

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. 「100歳以上」初の8万人台  88%が女性

2020/09/15

「100歳以上」初の8万人台  88%が女性

 

厚生労働省は 15日、「敬老の日」(今年は 21日)を前に、全国の 100歳以上の高齢者は過去最多の 8万 450人となり、初めて 8万人を超えたと発表しました。

 

昨年から 9,176人増え、50年連続の増加です。

 

年間の増加人数も過去最多となり、女性が 88.2%を占めました。

 

 

 

 

 

 

 

2020年度中に100歳は初の4万人超

老人福祉法で「老人の日」と定めた 15日時点で 100歳以上の高齢者の数を、1日時点の住民基本台帳を基に集計しました。

男性は昨年から 1,011人増の 9,475人、女性は 8,165人増の 7万 975人。

2020年度中に100歳になったか、なる予定の人は 4万 1,802人(昨年度比 4,797人増)。

初めて 4万人を超え、増加人数も過去最多です。

 

 

 

 

最高齢は女性117歳、男性110歳

女性の最高齢は、ギネスワールドレコーズ社から、男女を通じ「存命中の世界最高齢」に認定されている福岡市の田中カ子さんで、1903年(明治36年)生まれの 117歳です。

男性の最高齢は奈良市の上田幹蔵さんで、10年(明治43年)生まれの110歳です。

人口 10万人当たりの 100歳以上の高齢者数は 63.76人。

都道府県別では、島根県が 8年連続最多で 127.60人となり、高知県が 119.77人、鳥取県が 109.89人と続きました。

100歳以上の高齢者は調査開始時の 63年に 153人。81年に千人を超え、98年に 1万人を超えました。

医療技術の進歩などが理由として指摘されています。

厚労省の今年 7月の発表によると、2019年の日本人の平均寿命は女性が 87.45歳、男性が 81.41歳となり、ともに過去最高を更新しました。

 

 

2020/09/15   日本経済新聞

 

 

 

 

 

 

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00