NEWS

ニュース

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. 奈良の大自然を歩いて回る芸術祭

2020/09/04

奈良の大自然を歩いて回る芸術祭

 

スタッフ発信ブログです。

 

2020年 10月 3日(土)~11月 15日(日)、奈良県の3つのエリアに跨って開催される芸術祭『MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館』のご紹介です。

 

広大なエリアで「3密」を避け、五感でにアートや自然を体感できるイベントです。

会場は、古事記や日本書紀などにも登場し、数多くの史跡が今も守り伝えられている吉野町の「森」、世界遺産に登録された大峰山がある天川村の「川」、ススキの大海原で有名な曽爾高原が広がる曽爾村の「地」で構成。

それぞれの地域を 35時間ほどかけて、世界遺産や歴史的価値のある日本の風景を堪能し、自然に包まれながら作品を鑑賞するというものです。

 

 

MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館
MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館

 

 

 

プロデュースしたのは、ライゾマティクス アーキテクチャー代表の齋藤精ーさんです

芸術祭を開催することについて、

「コロナ禍では自分の足で歩いたことで、家の周りや自分の身体や周辺空間の解像度が上がったことに気がついた人も多かったと思います。

同時に、ステイホーム期間中、人は結果として土に触れ、自然を見ることで理由のない落ち着きを取り戻し『人間とは?』『自然とは?』『環境とは?』『いのちとは?』など答えなき哲学的な問いを考える機会にもなりました。

奈良の奥大和の広大な大地を使い、今この時期だからこそ自分の足で歩き、アートを通して身体と自然を感じてほしい、そのような思いから、歩く芸術祭を広大な奥大和で開催することにしました」

と語りました。

 

 

 

MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館
MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館

 

 

 

 

実際に自分の足で会場に行き、生の作品を鑑賞することで、芸術のエネルギーは感じられるもの。

また、齋藤さんは「こんな未曽有な状況であるからこそ、自分がいる場所(心の中)に美術館を作ることができるのではないか。アーティストたちがこの自粛期間に貯めたエネルギーを、奥大和の自然や大地とともに展示できないだろうか」とも語っています。

 

参加アーティストは、上野千蔵、木村充伯、力石咲、ニシジマ・アツシ、細井美裕など。公式サイトでは、アーティストや地域の住民へのインタビューなども随時掲載されます。

 

旅気分で自然を散策しながら、美しいものを観て心を癒して下さい。

 

 

MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館』の詳細はこちら

 

 

timeout  tokyo

 

 

 

 

 

泊まれる醤油蔵 開業 奈良県田原本

奈良県立美術館 公家装束の展覧会

奈良に出現! 巨大アート!!

 

 

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00