NEWS

ニュース

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. 西粟倉村のスマート林業と森林信託

2020/08/01

西粟倉村のスマート林業と森林信託

信託の仕組みを活用し、個人や企業に代わって所有林の樹木を管理する「森林信託」と呼ばれる国内初のサービスが1日、岡山県西粟倉村で始まりました。

 

最新の測量技術やITを活用した「スマート林業」を取り入れ、収益を生む森林に変えます。

過疎や高齢化による担い手不足を解消し、地域の森林保全につなげる考えです。

 

 

 

 

西粟倉村ホームページ

西粟倉村ホームページ

 

 

 

 

信託で収益を生む森林に

林業会社などに間伐や伐採を任せ、所有者は建材などとして販売した利益を分配金として受け取ります。

所有者にとって手入れができない森林を有効活用できる利点があります。

さらに、分配金を受け取る権利を相続することも可能です。

 

三井住友信託銀行が業界で初めて取り扱いを始め、岡山県西粟倉村の森林を1日付で受託しました。

 

 

 

 

 

 

 

岡山県西粟倉村における森林信託の取り組みとは

三井住友信託銀行では岡山県西粟倉村において森林信託事業の取り組みを開始しています。

岡山県西粟倉村は面積の 95%が森林であり、そのうち 84%が人工林です。

約 50年前に植えられた木を立派な 100年の森に育て上げようと村ぐるみで挑戦を続けています。

これが西粟倉村の「百年の森林構想」です。

森林信託事業はこの「百年の森林構想」を信託スキームを用いてサポートしようという信託銀行ならではのソリューション提案です。

 

岡山県西粟倉村は令和元年SDGs未来都市に選定されています。

 

 

 

 

西粟倉村 森林構想

西粟倉村 100年の森林構想

 

 

 

 

精密林業計測にも出資

三井住友信託銀行は森林管理に不可欠な測量技術を持つ信州大発ベンチャーへの出資し、森林資源の有効活用を掲げる岡山県西粟倉村で収益モデルの確立を目指します。

新サービスは、高齢化や過疎に伴う所有林放棄や林業衰退に対応する狙いがあります。

 

預かった所有林を林業会社などに委託して間伐し、建材として販売してもらい、収益の一部を所有者に分配します。

需要調査を行った西粟倉村で受託。

加藤正人信州大教授らが立ち上げた精密林業計測(南箕輪村)に出資も行いました。

 

 

 

2020/08/01   共同通信     2018/12/20   産経新聞

 

 

 

 

ベンチャー集積 岡山県西粟倉村(朝日新聞)へのリンク

 

 

 

 

 

 

基準地価下落の要因、過疎化・自然災害

空き家の数、世田谷区が最多4.9万戸

奈良県の路線価 12年連続で下落

 

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00