NEWS

ニュース

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. オフィス空室率、渋谷で上昇

2020/07/31

オフィス空室率、渋谷で上昇

 

昨日、上場外食企業の店舗閉鎖が1200店を超えるというご紹介でしたが、本日はオフィスの空室上昇のニュースです。

 

 

コロナ禍でオフィス市況に変調

東京都心で空室率の上昇が急になり、賃料も天井を打つ気配が強まっています。

これまで相場をけん引してきた渋谷区の変化が際立ちます。

集積するIT(情報技術)企業を中心に在宅勤務など働き方の見直しに加え、景気や業績の悪化懸念でスペース縮小の動きが渋谷で先行しています。

 

 

 

 

 

 

 

都心5区の空室率上昇は4ヶ月連続

オフィスビル仲介大手の三鬼商事(東京・中央)によると、都心 5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)の空室率が 6月は 1.97%となり、前月から 0.33ポイント上がりました。

4カ月連続の上昇で、2018年 10月以来の 2%台が目前に迫る水準です。

 

5区の状況を詳しくみると、需給の逼迫が著しかった渋谷区で空室率が 3.38%まで上昇。

最も低い千代田区の 1.39%と比べると、2倍強の差があります。

同社が算出する空室率は実際に空いているスペースと入居者の退去が決まり次のテナントを募集しているスペースの合計で、解約を決めた企業が増えているようすがうかがえます。

 

渋谷区では他の区に比べて実際の空室が増えるペースが速い。

不動産サービス大手のシービーアールイー(CBRE、東京・千代田)の調べでは、延べ床面積3300平方メートル以上のオフィスビルの空室率(即入居できるスペースの割合)が 6月末時点で「渋谷・恵比寿」は 1.4%。

調査対象の都内エリアで最も高く、3月末時点から 0.7ポイント上昇しています。

 

空室が出ると分かれば借り増ししたい企業が少なくなかったのですが、こうした動きも影を潜めています。

名刺管理サービスのSansanは「積極的な人材採用を進める」ため本社を構える渋谷区内でオフィスを拡張する計画でした。

ところが「採用計画を含む投下コストの最適化を進める」として、入居せずに解約を決めました。

 

 

 

オフィス賃料は渋谷区が5区で最高値

空室率の上昇は賃料の下落圧力を強めます。

三鬼商事によれば、募集賃料は渋谷区が 3.3平方メートルあたり 2万 5,075円となり、5区で最高値です。

ただ、直近の最高値となった 4月の 2万 5,531円から2カ月連続で下がっています。

5区は 2万 2,880円で小幅ながらも上昇を続けているのと対照的です。

CBREが査定した想定成約賃料で比べても、4~6月の「渋谷・恵比寿」は 3.3平方メートルあたり 2万 7,170円で前期比 0.6%下がりました。

都内で最も高額な「丸の内・大手町」は 0.1%の下落にとどまり、大規模再開発が続く「虎ノ門・汐留」は 0.3%上昇しています。

 

働き方の見直しが進み、企業にとって適正なオフィスの立地やスペースを探る取り組みは加速します。

しかし、企業が結論を出すには時間もかかります。

過熱気味にもみえた渋谷区のオフィス市況の異変ぶりは、今後、押し寄せてくる変化の波頭となっているのかもしれません。

 

 

2020/07/30   日本経済新聞

 

 

 

 

 

在宅勤務が標準に

富士通が国内オフィス面積半減へ

Facebook が社員半数をリモートワークに

 

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00