NEWS

ニュース

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. 日本人の平均寿命、過去最高更新

2020/07/31

日本人の平均寿命、過去最高更新

2019年の日本人の平均寿命は女性が 87.45歳、男性が 81.41歳となり、ともに過去最高を更新したことが 31日、厚生労働省が発表した簡易生命表で分かりました。

前年に比べ、女性は 0.13歳、男性は 0.16歳延び、いずれも 8年連続のプラスです。

女性は 5年連続で世界 2位、男性は 3年連続で 3位でした。

 

 

 

1位は男女とも香港

平均寿命は、今後死亡状況が変化しないと仮定し、その年に生まれた 0歳児が平均で何歳まで生きられるかを予測した数値です。

厚労省は平均寿命が延びた背景について「健康意識の高まりや医療技術の進歩がある。今後も緩やかに延びていくのではないか」としている。

 

 

 

 

 

 

 

主な国・地域の平均寿命は、女性の 1位が香港( 88.13歳)で、3位はスペイン( 86.22歳)。男性も 1位は香港( 82.34歳)、2位はスイス( 81.7歳)でした。

 

同省の試算では、2019年に生まれた日本人で75歳まで生きる人の割合は女性が 88.2%、男性は 75.8%。

90歳までの割合は女性が 51.1%で、男性が 27.2%でした。

 

2019年生まれの人が将来、がんや心疾患、脳血管疾患で死亡する確率は、女性が計 44.72%で、男性は計 49.62%。

どちらも減少傾向にあり、男性で 50%を切ったのは 2003年の調査開始以来初めてです。

 

これらの病気による死亡がゼロになったと仮定すると、平均寿命は女性で 5.45歳、男性で 6.65歳延びるということです。

 

 

 

日本の平均寿命の推移をグラフ化

日本の平均寿命の推移をグラフ化    Garbagenews.com

 

 

 

簡易生命表

毎年作成、公開される。該当年の10月1日の推計人口や、人口動態統計の月報による概数値で算出されるもの。

 

完全生命表

5年毎に作成される。国勢調査( 5年おき)の結果や、人口動態統計の確定値で算出される。

精度の上では「簡易生命表」は概算値、「完全生命表」は確定値・決定版との位置づけである。経年変化のものについては「簡易生命表」のが基本値として採用されているが、5年おきの分をはじめ「完全生命表」が発表された年のものは、その値への差し替えが行われている。

 

 

 

健康寿命の延伸が課題

同省は介護を受けたり、寝たきりになったりせずに生活できる「健康寿命」を算出しており、最新の 2016年は男性 72.14歳、女性 74.79歳でした。

どれだけ平均寿命に近づけるかも課題となります。

 

日本人の平均寿命は女性が 1984年に 80歳を超えました。

男性は 1971年に 70歳を突破し、2013年に初めて 80歳を超えました。

 

 

2020/07/31  共同通信     Garbagenews.com

 

 

 

 

 

女性のメリハリ、長野県がトップ

誰もが生きやすい社会、福井県がトップ

健康寿命は住む場所で決まる?

 

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00