NEWS

ブログ

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. アマビエの後ろ姿 奈良の作家が木彫り

2020/07/21

アマビエの後ろ姿 奈良の作家が木彫り

スタッフ発信のブログです!

 

新型コロナウイルスの感染拡大で注目された妖怪「アマビエ」。奈良市高畑町の一刀彫作家、浦弘園(こうえん)さん(58)が今月、個人からの依頼で立体のアマビエ人形を作りました。てのひらサイズで、後ろ姿も表現しているのが特徴です。

 

企業などから、まとまった数の制作依頼もあるといいます。2カ月ほど前、県内の占師から頼まれたのが最初。デザインの参考資料は京都大付属図書館所蔵の瓦版に描かれたアマビエしかありませんでした。

 

 

 

一刀彫のアマビエを前にする浦弘園さん=2020年7月16日、
奈良市高畑町、伊藤誠撮影

 

 

 

「怖いというか滑稽というか、微妙な顔」と思い、「キモかわいい」人形に仕上げることにしたそうです。

 

ヒノキやクスノキ材を手彫りし、高さ約10センチ、幅約5センチ。

 

イメージが女性っぽいことから、後ろ姿は全身を覆うように伸びた長い髪にしました。日本画で使われる水干(すいひ)絵の具で着色し、金箔(きんぱく)で装飾を施してあります。

 

 

 

アマビエの後ろ姿=2020年7月16日、奈良市内、伊藤誠撮影

 

 

「もうすぐ、来年の干支(えと)の一刀彫を作る時期に入ります」という浦さん。毎年、数多く作る必要があるため、アマビエでさらに忙しくなりそうです。

(伊藤誠)

 

問い合わせは浦さん(0742・27・9045)

 

 

2020/07/18    朝日新聞  DIGITAL

 

 

 

晴れ祈願の寺 てるてる坊主でコロナ退散、健康祈願

日立、幸せの見える化技術で新たな産業創生をめざす『出島』としての新会社『ハピネスプラネット』を設立

オンライン診療支援サービス無料化

 

 

 

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00