NEWS

ニュース

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. 相続した 6,000円の花瓶が 9億6,000万に

2020/07/14

相続した 6,000円の花瓶が 9億6,000万に

仕事柄、相続した遺産の中に絵画や壺などの骨董品と出会う機会は多くありますが、今回の話は桁違いです。

いろいろなところで価値ある骨董品が眠っているのかもしれません。

 

かつて44ポンド(現在のレートで約6,000円)で落札された中国の花瓶が先ごろ行われた競売で7,000万香港ドル(約9億6,000万円)で落札される出来事がありました。

 

競売大手サザビーズは今回の花瓶を「失われた名作」と表現。18世紀の工芸品で過去50年間、中欧の人里離れた家屋に置かれていました。

花瓶は、60年以上にわたって中国を治めた乾隆帝のために作られたということです。

サザビーズ幹部は競売前の声明で、「この極めて壊れやすい花瓶が、たくさんのペットに囲まれた家屋で半世紀にわたって、無事でいたことは奇跡だ」と述べています。

 

 

 

花瓶の精巧な装飾についてサザビーズは「技術の粋を集めた力作」と評価/Courtesy Sotheby's
花瓶の精巧な装飾についてサザビーズは「技術の粋を集めた力作」と評価/Courtesy Sotheby’s

 

 

 

 

80代の女性が相続により所有

今回の花瓶は、オランダ首都アムステルダムを拠点に活動している美術のコンサルタント、 ヨハン・ボッシュ・ファン・ローゼンタール氏が発見しました。

持ち主は80代の女性で花瓶などの品々を相続したとみられている。

サザビーズがユーチューブの公式サイトに投稿した動画でファン・ローゼンタール氏が語ったところによれば、

「我々は何年も前に相続された幾つかの中国製の工芸品のある部屋にたどり着いた。その中を4匹の猫が自由に歩き回っていた。彼女は食器棚に置かれた一部が金色の中国の花瓶を指さした。大切にしている品で、何か特別で価値のあるものだと知っていた」ということです。

 

サザビーズの記録によれば、この花瓶は1954年に英ロンドンで行われた競売で44ポンドで落札されていました。

その後、さらに80ポンドで売却されていたということです。

 

 

 

2020/07/14   CNN

 

 

 

 

 

遺産220億円 愛猫に!?

紀州のドン・ファン、相続費用に1億8千万

奈良に出現! 巨大アート!!

 

 

 

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00