NEWS

ブログ

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. 日本遺産、100件到達

2020/06/29

日本遺産、100件到達

文化庁は 19日、地域の有形・無形の文化財を組み合わせて魅力を発信し、観光振興などにつなげる「日本遺産」に 21件を新たに認定しました。

2015年度からの累計で 104件となり「 20年度までに 100件程度」とした目標に到達しました。

 

これまで認定遺産がなかった東京都からも初めて選ばれ、全都道府県に拡大しました。今回で認定は最後とし当面は追加しないようです。21件は、兵庫県の「『伊丹諸白』と『灘の生一本』」や東京都の「霊気満山 高尾山」など。

 

今後は既存の遺産の底上げを図る方針で、選考で漏れた候補の扱いも含めて有識者委員会で具体策を検討していきます。

 

「伊丹諸白」は、現存する最古の酒蔵「旧岡田家住宅・酒蔵」などで構成されています。江戸時代から「下り酒」と称賛された上質な酒を江戸に届けるなど、約 400年続く伝統の清酒造りが行われていたところです。

 

「高尾山」は、養蚕で栄えて「桑都」と呼ばれた東京都八王子市の養蚕農家や絹商人により信仰され、保護されてきた歴史が高い評価を得ました。

 

このほか、サケを通じた自然の営みやアイヌ、ロシアとの文化交流を取り上げた北海道の「『鮭の聖地』の物語」、江戸時代の滑稽本「東海道中膝栗毛」をテーマに選んだ静岡県の「日本初『旅ブーム』を起こした弥次さん喜多さん、駿州の旅」などが選ばれています。

 

日本遺産は、地域の文化財や伝統芸能を物語としてまとめ、観光振興などで地域活性化を図る制度です。今年は 69件の申請がありました。例年行っている認定証交付式は、新型コロナウイルスの影響で行わないことになっています。

 

 

 

 

 

 

2020/06/19 16:31  日本経済新聞

 

 

 

 

 

羽田新ルート、都心低空で初運用飛行

奈良市が「宿泊税」導入へ

死亡した家族の航空マイル、相続可?

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00