NEWS

ニュース

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. 平安京最大級の庭園池発見

2020/06/24

平安京最大級の庭園池発見

 

スタッフ発信ブログです。

 

平安時代の右大臣、藤原良相(ふじわらのよしみ、813~867年)の邸宅跡とされる京都市中京区の発掘現場で、幅 43メートルもある大規模な池の遺構や溝跡が発見され、京都市埋蔵文化財研究所が 23日、発表しました。

京都市埋蔵文化財研究所は「池は 9世紀後半の平安京の貴族邸宅では最大級で、小石を敷き詰めた州浜を備えた優美な姿。池が 2つもあり、庭園重視の邸宅」と説明しています。

 

 

 

大規模な池の遺構や溝跡が発見された発掘現場(23日午後、京都市中京区)

 

 

 

 

「百花亭」とも呼ばれた邸宅

平安貴族の住宅様式・寝殿造りは 10世紀以降に成立するとされ、池の北側に主殿を配置しています。

今回、池の北側から見つかった建物跡は幅 12メートル、奥行き 7.5メートルと比較的小さく、池の南東に主殿があった可能性があり、近畿大の網伸也教授(日本考古学)は「寝殿造り成立前の貴族の邸宅を知る上でも貴重な成果」と評価しています。

良相は兄の藤原良房政権で実力を誇った人物。

平安時代の歴史書「日本三代実録」には、866年に清和天皇が良相邸を花見に訪れ、文人を集めて詩を詠ませたとの記述も残っています。

邸宅は「百花亭」とも呼ばれていました。

新たに発掘された西側の池は、東西約 43メートル、南北約 27メートル以上で、邸宅の主要な池とみられています。

水際は小石を敷き詰めた州浜となっていました。

以前の調査でも邸宅の東側で池が見つかっており、今回の発掘調査で 2つの池を結ぶ長さ約 48メートルの溝が確認されました。

 

研究所によると、東の池は西の池より高い位置にあり、東の池がいっぱいになったときだけ、上澄みの水が西の池に流れる構造で、担当者は「小川のような清らかな水の流れを楽しんでいたのでは」と話しています。

 

邸宅は平安宮近くの一等地にありながら、敷地は 120メートル四方と広大でした。

北半分の発掘が終了したが、南半分は未調査です。

これまでに和歌とみられる平仮名が書かれた 9世紀後半の土器が発掘されており、平仮名の発見としては最古級ということです。

今回は大学キャンパスの建設整備に伴い発掘、遺構は地中に保存されます。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、現地説明会は開かれません。

 

 

2020/06/23   日本経済新聞  

 

 

 

 

藤原良相の邸宅跡から「ひらがな」(2012年)

平安時代の貴族藤原良相(813~867年)の邸宅跡(京都市中京区)で出土した9世紀後半の土器片約20点に「かつらきへ」(葛城へ)など和歌とみられる平仮名が書かれているのが見つかりました。

京都市埋蔵文化財研究所が 2012年 11月 28日、発表しました。

同時期の平仮名は多賀城跡(宮城県)などでもわずかに出土しており、最古級となります。

 

 

 

平安時代の貴族の邸宅跡で出土した、平仮名が書かれた9世紀後半の土器片(28日、京都市)=共同

平安時代の貴族の邸宅跡で出土した、平仮名が書かれた9世紀後半の土器片

 

 

 

邸宅で

文化の中心地だった平安京でのまとまった出土で、合同調査した京都産業大の吉野秋二准教授は「平仮名の確立は 10世紀と言われていたが、約 50年さかのぼることが分かった」としています。

仮名は 9世紀に、1音に 1字を当てる万葉仮名、万葉仮名の草書体を用いた草仮名、そして平仮名の順に移行するとされています。

京都市埋蔵文化財研究所によると、2011年の調査で邸宅跡の池から皿などの土器の破片約 90点が出土。

うち 20点に墨で「かつらきへ」(葛城へ)「きなくひとにくしとお□はれえす」(□は欠字、来泣く人憎しと思われえす)などと記されていた。

京都大の西山良平教授によると、神楽歌「朝倉」には「葛城へ渡る久米路の継橋の心も知らずいざ帰りなむ」とあり、その一部とすれば、邸宅で神楽が行われ、その際に記された可能性があります。

また、同時に見つかった木簡には「む」を表す草仮名に近い平仮名がありました。

一方、9世紀前半の井戸跡で、檜扇(ひおうぎ)と木簡を発見。

それぞれ万葉仮名で手習い歌の「難波津」を示す「奈尓波」などと記されていました。

同じ遺跡で万葉仮名から平仮名までが見つかったことで仮名の変遷が分かるといいます。

 

良相は嵯峨天皇の信任が厚かった藤原冬嗣の子。

兄良房は皇族以外で初めて摂政となった。

 

 

2012/11/28   日本経済新聞

 

 

 

 

 

 

国宝 曜変天目茶碗を公開 奈良国立博物館

御即位記念特別展「正倉院の世界〜皇室がまもり伝えた美〜」

 

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00