NEWS

ニュース

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. 免許証、マイナンバーカードと一体化検討

2020/06/24

免許証、マイナンバーカードと一体化検討

国家資格証もマイナンバーカードと一体化?

政府は 23日、首相官邸でマイナンバー制度を活用し、行政のデジタル化を進めるワーキンググループ(WG)の初会合を開きました。

運転免許証など国家資格証のデジタル化やマイナンバーカードとの一体化を検討します。

新型コロナウイルス対策の教訓を生かし、年内に工程表をまとめます。

菅義偉官房長官は新型コロナへの対応を受けて「マイナンバー制度と国と地方のデジタル基盤を抜本的に改善する必要がある」と述べた。

「運転免許証をはじめ免許証や国家資格証のデジタル化などできるものから実施したい」と強調しました。

菅氏はマイナンバーカードの利便性や普及率を向上させるため、有識者の意見を踏まえて年内に工程表をまとめるよう指示をしました。

 

 

 

 

 

 

 

9月からは「マイナポイント」

9月からは消費活性化策としてマイナンバーカードの保有者を対象にポイントを還元する制度「マイナポイント」が始まります。

同制度の周知や手続きが簡単な QRコード付きカード申請書の再交付などを通じてカード普及率を高めたい考えです。

マイナンバーカードの機能拡充も検討課題になる。有識者からは「運転免許証との一体化」を求める意見が出ました。

国家資格証のデジタル化や外国人の在留カードとの一体化も議論します。

 

 

 

 

 

 

 

2021年3月、健康保険証としても利用可能に

現金 10万円の給付作業では自治体が個別にシステムを外注したり、申請内容が正しいか手作業で確認したりする例が相次ぎ、混乱が生じました。

政府はマイナンバーカードのシステムを運営する地方公共団体情報システム機構(J-LIS)の体制を強化します。

現金給付などに必要な自治体の業務システムの標準化を目指します。

本人の同意を前提に金融機関がマイナンバー制度を使って本人確認ができる制度も検討します。

マイナンバーカードは 2021年 3月から健康保険証としても利用できるようになります。

保険証の機能に加えて学校などで受けた健康診断結果を閲覧できるようにするなど、機能の追加を目指します。

政府はマイナンバーカードを「2022年度末にほとんどの住民が保有する」との目標を掲げています。

現金給付の申請や「マイナポイント」制度により申請数は増えましたが、普及率は 2割程度にとどまっています。

多くの人が本人確認のために携帯する運転免許証と一体化できれば、マイナンバーを通じた行政のデジタル化が進むかもしれません。

 

 

2020/06/23   日本経済新聞

 

 

 

 

マイナポイント取得方法

お気に入りのキャッシュレス決済で使えるポイントが 5,000円分もらえる、マイナポイント事業。

手続きは簡単では ないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相続に備え?タンス預金急増

デジタル法で相続手続きが便利に?

マイナンバー紐付け、全口座は見送りへ

 

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00