NEWS

ニュース

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. 紀州のドン・ファン、遺言無効と親族提訴

2020/06/02

紀州のドン・ファン、遺言無効と親族提訴

「紀州のドン・ファン」と呼ばれた資産家で、平成30年5月に急性覚醒剤中毒で死亡した和歌山県田辺市の酒類販売会社元社長、野崎幸助さん=当時(77)=の兄(86)ら親族4人が「全財産を市に寄付する」とした野崎さんの遺言書の無効確認を求め、遺言執行者の弁護士を相手取り和歌山地裁に提訴したことが27日、分かりました。

市によると、遺産は約13億5千万円とみられ、30年に市職員が和歌山家裁田辺支部で遺言書を確認しました。

 

 

 

 

 

 

訴状などによると、遺言書の作成は25年2月8日付。原告側は(1)コピー用紙1枚に赤ペンで手書きされ熟慮の末に作成したとは考えにくい(2)市に寄付する合理的動機が見当たらない(3)遺言書が保管、発見されたとされる状況が不自然-などの理由から「野崎さん以外が遺言書を作成し無効だ」と主張しています。提訴は4月18日付。

 

2020/05/27  産経WEST

 

 

 

 

田辺市、遺産受領手続き費用で約1億8,000万円

田辺市は遺産寄付を受ける手続き費用約1億1,698万円を盛り込んだ市の一般会計当初予算案が25日の市議会本会議で、賛成多数で可決されました。

昨年の補正予算にも手続き費用6,540万円が入っており、寄付を受ける前段階で計約1億8,238万円が予算化されました。最大限の見積もりということです。

野崎氏の遺産は少なくとも13億円余り。市に全額を寄付する内容の遺言書を残していたことが30年9月に明らかになり、市が準備を進めていました。

今回可決された手続き費用は、弁護士委託料が最も多く約1億円で、ほかに不動産の鑑定評価手数料約1,250万円、裁判所への予納金200万円などが入っています。

弁護士委託料の額について市契約課は「遺産が莫大(ばくだい)で、弁護士の事務作業が多岐にわたる」と説明しています。

野崎氏の財産は土地や建物の評価額が算出されていないほか、返還されていない債権もあります。

市は新年度中に財産額を確定する方針ですが、民法上、野崎氏の妻が財産の一部を受け取れるため、市は額の確定後、分割のために妻と協議を行うとしています。

 

 

 

 

 

 

事件性アリ?新証拠の報道

「紀州のドン・ファン」こと和歌山の資産家・野崎幸助氏(享年77)が怪死を遂げてから 1年 9ヵ月が過ぎました。事件はもはや迷宮入りかと思われていましたが、水面下で警察の捜査は進んでいたようです。

野崎氏の遺体の第一発見者で、現在は都内に住む家政婦の竹田純代さんが言う。

「社長の自宅にあった掃除機についてしつこく聞かれたんです。どこで買ったのか。最後にいつ使ったのか。そういったことを細かく。私は社長の家政婦でしたから、当然掃除機に見覚えはありました。知っていること覚えていることは答えたけど、なんで掃除機を調べているのかは教えてもらえませんでしたね」

別の事情聴取を受けた関係者は「刑事から掃除機の写真を見せられたんで、『何で調べているんですか?』と聞きました。そしたら『出たんです』と。『覚醒剤が?』と尋ねると、刑事ははっきりと頷きました」

野崎氏の死因は、急性覚醒剤中毒。事件翌日の 2018年 5月 25日、和歌山県警は野崎氏の自宅を捜索したが、覚醒剤の痕跡は見つけられなかったはず。それが今になって掃除機から検出されるとは……。ある関係者は、刑事からこんな言葉も聞いたという。

「事件が解決しそうか尋ねたら、『いつでも犯人は逮捕できる。公判を維持するための詰めの捜査をしています』と言っていました。

 

 

2020/03/01   FRIDAY DIGITAL

 

 

 

 

田辺市、13億の寄付に調査1年

法人後見の遺産受領、地裁が無効判決

敬老の日、終活について話しませんか。

 

 

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00