NEWS

ニュース

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. 喪主経験者 1,000名に意識調査

2020/05/28

喪主経験者 1,000名に意識調査

喪主経験者の半数以上の人が  “葬儀への希望“ や “葬儀に呼びたい人“  などを「事前に故人に聞いておけばよかった」と後悔しています。

葬儀関連で事前に知りたいことは “葬儀の適正価格“ や “相続“ が上位に並びます。

喪主経験を経て、6割の人が今後の葬儀のために準備を始めている、とのことです。

年間 10,000件を上回る葬儀を請け負う、株式会社公益社(東京本社:東京都港区、大阪本社:大阪市北区、代表取締役社長:播島聡)は、ライフエンディングに関する意識調査を、40~70代の男女 1,000名を対象に実施しました。

その中身を見てみましょう。

 

 

 

葬儀の適正価格を事前に知りたかった 72%

約 70%が、葬儀のことで「事前に知りたかった」ことがある。
その内、約 72%が「適正価格」について、と回答。

Q. あなたは喪主又は葬儀を執り行った経験をした後、葬儀のことで事前に知りたかったことを
教えてください。(n=1,000名) ※複数回答/「特になかった」は単一回答

 

 

 

 

 

 

約68%が、葬儀以外で「事前に知りたかった」ことがある。

その内、約 48%が「相続」、約 33%が「お墓」、「遺品整理」ついて、と回答。

 

Q. あなたは喪主又は葬儀を執り行った経験をし、葬儀以外のことで事前に知りたかったことを
教えてください。(n=1,000名) ※複数回答/「特になかった」は単一回答

 

 

 

 

 

 

約52%が、「故人に聞いておけばよかった」ことがある。

その内、約 49%が「葬儀の希望」、約 40%が「葬儀に呼びたい人」について、と回答。

 

Q. あなたは喪主又は葬儀を執り行った際、故人に生前に聞いておけばよかったことを
教えてください。(n=1,000名) ※複数回答/「特になかった」は単一回答

 

 

 

 

 

 

葬儀関連のことをインターネットで検索経験のある人は半数を下回る。

検索のきっかけは、約 36%が「自分の終活の一環」、約 34%が「葬儀の必要性を感じたから」
約 73%が「葬儀の金額」、約 58%が「葬儀の内容」を検索

 

Q. あなたは、インターネットで葬儀関連のことを検索したことはありますか。(n=1,000名)

 

 

 

 

 

 

 

Q.  インターネットで葬儀関連のことを検索したことがある方にお聞きします。
あなたがインターネットで葬儀関連のことを検索するきっかけとなったことを教えてください。
(n=469名) ※複数回答

 

 

 

 

 

 

Q. インターネットで葬儀関連のことを検索したことがある方にお聞きします。
あなたはどのようなことを検索したか教えてください。(いくつでも)
(n=469名) ※複数回答

 

 

 

 

 

 

 

喪主経験者の約57%が、「今後の葬儀のために準備をしている」と回答。


準備をしていると回答した内、約40%が「費用の準備」と回答

Q. あなたが今後、葬儀を行う時のために準備されていることを教えてください。
(n=1,000名) ※複数回答/「何もやっていない」は単一回答

 

 

 

 

 

 

[調査概要] <調査概要>
◇調査名 : ライフエンディングに関する意識調査
◇調査期間 : 2020年3月6日~9日
◇調査対象 : 喪主もしくは葬儀を執り行ったことのある40~70代の男女
首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)
近畿圏(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県)が居住地であり、葬儀を執り行った地域
◇回答者数 : 1,000名
◇調査手法 : インターネット調査

<公益社とは>
燦ホールディングスグループの葬儀サービスを提供する葬儀会社。首都圏と近畿圏を地盤とし、47の葬祭会館を運営するグループの中核会社。創業から88年の豊かな知見を活かし、家族葬、一般葬、社葬など、小規模な葬儀から大規模な葬儀まで執り行うことができる国内最大手の葬儀社です。
https://www.koekisha.co.jp/

 

 

2020/05/28   燦ホールディングス  プレスリリース

 

 

 

7月10日、法務局での遺言書保管制度が始まります。

葬儀の希望や葬儀に呼びたい人をエンディングノートに記す人が増えています。

葬儀以外のことでも、エンディングノートや遺言書に記し、相続人に想いを伝える術があります。

遺品整理や最近ではデジタル遺産( LINE・Facebook・Twitter )と呼ばれるSNSの履歴やIDや暗証番号も誰かに伝えないと、残された人が解約も出来ません。

今年の7月から自筆証書遺言の【法務局保管制度】が始まります。

これを機会に『想いを記す』ことを始めてみませんか。

 

 

7月10日、遺言書保管制度スタート

わたしの終活登録

お正月。お墓について話し合いませんか?

 

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00