NEWS

ニュース

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. マイナンバー、口座と ひも付けへ

2020/05/25

マイナンバー、口座と ひも付けへ

マイナンバーと銀行口座を紐付ける法案の成立に、政府・与党が動き出しました。

背景には、新型コロナウイルスの経済対策として、国民に一律 10万円支給する「特別定額給付金」の支給の遅れがあります。

オンライン申請の手続きや、それにともなうシステム障害により、自治体の業務負担が増していることも要因で、野党からも前向きな声が出ています。

 

 

 

 

 

内閣提出法案でも対応できるよう準備

新藤義孝元総務相を座長とする自民党のワーキングチームは 2020年 5月 19日、マイナンバーの活用案に関する提言をまとめました。

その目玉が、銀行口座とのひも付け義務化です。今回の給付金を例に出すと、現行制度では申請のたびに自治体は銀行口座を確認する必要があります。ひも付けられれば、都度の確認は不要となり、省力化や迅速化が見込めるようになります。

高市早苗総務相(マイナンバー制度担当相を兼務)は同日の会見で、正式に党の提言となれば、「政府に関わる部分については、提言を真摯に受け止めて、しっかりと検討させていただきます」と前向きな姿勢を示しました。

与党・政府だけではありません。国民民主党の玉木雄一郎代表は 20日の会見で、口座ひも付けについて言及。党としての案をもとに、立憲民主党などとの共同会派としてもまとめ、与野党協議を行いたいとしました。

高市氏は 21日の衆院総務委員会でも、現行制度で同様の給付を行うことがあれば、国民や自治体職員による手続き・照合が再度必要になるとして、緊急時や年金・税還付などの給付を目的とする口座を登録してもらうのは「非常に有意義」と答弁。議員立法に加えて、閣法(内閣提出法案)でも対応できるよう準備を進めるとのことです。

 

 

 

半年後に迫る「めど」

マイナンバーは社会保障と税、災害対策の三分野で利用されています。現金給付に活用するためには、新たな法整備が必要となりますが、口座番号を連結されることに関しては、個人情報流出の不安や国に資産状況を把握されることへの抵抗感が広がる可能性もあります。

この方針が閣議決定された 2015年 3月 10日、日本弁護士連合会は、村越進会長(当時)による「預貯金口座をマイナンバーにより検索できる状態で管理することに反対する会長声明」を出しました。ここでは情報漏洩や「なりすまし」など、プライバシー侵害のリスクが高まることや、一部資産のみを把握することで税務執行が不公平になる可能性などを理由に、反対の姿勢を示しています。

同日行われた麻生太郎財務相会見では、大半の納税者が税務調査の対象でないことを理由に、預貯金者への告知義務を見送ったと発言。施行 3年後の状況を見て、促進に向けた施策を行うか検討するとの方針を示していた。その「3年後」のめどは、約半年後に迫っています。

なお、議論加速の契機は「コロナ禍」にありますが、それが本格化する以前から動きはありました。高市氏は 2020年 1月 17日の会見で、相続や災害発生時の国民負担を軽減させるため、マイナンバー付番の義務化を財務省・金融庁に検討要請したと明かしています。

 

 

2020/05/24   J-CASTニュース

 

 

預貯金口座とマイナンバーを『ひもづけ』検討

デジタル法で相続手続きが便利に?

相続に備え?タンス預金急増

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00