NEWS

ブログ

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. 遺言書は何処に?

2020/02/07

遺言書は何処に?

最近の相続相談から、遺言書について復習したいと思います。

 

 

 

 

 

 

ご相談者は以前、不動産のお取引をさせて頂きましたお客様のご紹介で来店されました。

相談内容は 『税理士さんに頼んで作った遺言書があるはず。遺言書があれば、役所か何処かが教えてくれるんですよね。何処にあるか聞いてないので・・・。」

 

 

 

自宅に無ければ他を疑う

税理士さんに 「遺言書は何処にありますか?」 と尋ねましたが、「知らない」とのこと。

家中探しても見つかりませんでした。

自宅に無いということでしたので、ご一緒に公証役場に出向き 【遺言検索システム】 で公正証書遺言が保管されていないかを調べました。

 

 

 

遺言検索システム紹介結果通知書 (今回のご相談とは関係ありません)

 

 

 

幸い、公正証書遺言が見つかったのです。

今回のように、遺言書が公証役場に保管されていても決して公証役場から「遺言書を預かってます」と教えて頂けることはありません。自ら公証役場に出向き、遺言書が作成されているか否かを調べなければなりません。

便利なのは、全国何処の公証役場でも全国の公証役場で預かられている公正証書遺言の有無を調べてもらえます。内容については、作成された公証役場に出向かなければ判りません。

 

 

 

遺言の検索

 

 

 

遺言書の有無を疑う

今回のご相談からも 『遺言書の有無は疑って掛かる』 ということの重要性を再認識致しました。

万一、自筆証書遺言も公正証書遺言が見つけられからなかったら、さらに、遺産分割協議が成立後に遺言書が見つかったなら、大事になるかもしれません。(遺産分割協議成立後に遺言書が見つかった場合、遺産分割協議は無効との判決有り)

公証役場で遺言書が作成(遺言公正証書)されていたとしても、より新しい日付の自筆証書遺言が自宅や何処かで見つかったなら、日付の新しい遺言書が有効です。

つまり、お亡くなりになった方のご自宅、公証役場、銀行の貸金庫など、一通り探さないと安心できません。

「紀州のドンファン」と呼ばれた方は、友人に遺言書を預けていました。これでは見つけようがありませんが・・・。

 

 

 

 

 

田辺市、13億の寄付に調査1年

 

 

 

見つけてもらえなければ意味を成さない遺言書

自筆証書遺言は見つけてもらえなければ、故人の想いが実現しません。仮に見つけてもらえても、残念ながら公になるとは限りません。(見つけた方が破棄や改ざんすることも)

一方の公正証書遺言であれば、相続の専門家に相談することで 『遺言検索システム』 の活用で公になります。破棄されたり、内容を改ざんされる心配もありません。もちろん、相続人ご本人が 『遺言検索システム』 を利用することも出来ます。

そして今年の7月10日から、自筆証書遺言の法務局保管制度がスタートします。

何度でも、手軽に、費用を掛けずに書き直せるのが自筆証書遺言です。新制度では紛失や改ざんや隠蔽も防げることになります。ただし、見つけてもらえれば、という前提に変わりは有りません。

ただし、自筆証書遺言に変わりはありませんので、遺言内容に法律上の問題が潜んでいても受け付けてもらえます。

制度が変わっても『相続の専門家に相談する』 ことが 安心のための第一歩だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

カバン屋さんの相続争い

遺贈・寄付の関心が高まる?

 

 

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00