NEWS

ニュース

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. 国民年金と厚生年金の積立金、統合を検討

2019/12/12

国民年金と厚生年金の積立金、統合を検討

厚生労働省は、いまは別々に管理している国民年金と厚生年金の積立金の統合を検討します。

相対的に財政が安定している厚生年金の積立金を活用し、将来の年金水準が大きく下がる国民年金の底上げを図るのが狙いです。ただ、制度の独立性に関わるため丁寧な議論が必要で、2025年の国会への法案提出を目指します。

 

 

 

 

 

パートさんの厚生年金適用へ

政府は来年の通常国会に、厚生年金のパートらへの適用拡大などの年金改革法案を提出する方針。成立後の来年夏以降、積立金の統合について、厚労省は社会保障審議会(厚労相の諮問機関)で具体的な検討を始める予定です。

公的年金は、1階部分が国民年金(基礎年金)、2階部分が厚生年金になっている。財政管理は別々で、それぞれ保険料収入の一部を積立金にして、将来の年金支給に備えています。2017年度末の国民年金の加入者は約1,505万人で、2018年度末時点の積立金は約9兆円(時価ベース)。一方、厚生年金は約4,358万人で約157兆円です。

 

 

 

 

 

今年8月公表の年金財政検証では、夫婦2人のモデル世帯が2019年度に受け取る国民年金と厚生年金の合計額は、現役世代の平均収入の61.7%(所得代替率)でした。少子高齢化にあわせて収支のバランスをとるために自動的に年金水準を引き下げる「マクロ経済スライド」が終わるのは、代表的なケースでは厚生年金が25年度ですが、国民年金は47年度まで続きます。2047年度時点の所得代替率は 50.8%に下がりますが、水準低下の度合いは厚生年金(基礎年金を含む)が約 2割なのに対し、国民年金は約 3割も下がります。

国民年金は今でも、満額で月65,000円ほどです。保険料の納め方次第でさらに少なくなるため、無年金・低年金対策が課題となっています。厚労省は、国民年金と厚生年金の保険料や年金支給の仕組みは変えずに、積立金を統合することを検討。統合によって収支のバランスが取れる時期をそろえ、国民年金の引き下げ終了を早めれば、国民年金の所得代替率は、積立金を統合しない場合よりも数ポイント上がると見込みます。

自民党が5日にまとめた年金制度改革の提言でも、国民年金の底上げについて検討すべきだとの指摘がありました。

 

 

2019/12/11  朝日新聞 DIGITAL

 

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00