NEWS

ニュース

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. マンション価格、年収の10倍超え続く

2019/12/05

マンション価格、年収の10倍超え続く

2018年に東京都で販売されたマンションの価格は、新築、中古ともに年収の10倍を超えていることが4日、東京カンテイ(東京・品川)の調べで判りました。

平均年収に対する倍率は新築で 13.3倍、中古で 10.49倍でした。新築は 7年連続、中古は 6年連続で上昇しここ 10年で最高を更新。一般世帯にはますます手が届きにくくなっています。

 

 

 

 

 

 

新築の年収倍率は全国平均は8倍

新築物件の年収倍率の全国平均は 8.09倍で、2017年の 7.81倍から広がりました。

地方でも好立地に高級物件が供給されたことで価格が高騰し、年収倍率が拡大する動きが増えました。

年収倍率は東京都が全国で最も高く、京都府( 11.95倍)、神奈川県( 11.1倍)、沖縄県( 10.36倍)が 10倍を超えています。

中古の年収倍率の全国平均は 5.47倍となり、2017年の 5.30倍から拡大。特に三大都市圏は新築物件の上昇に伴う「連れ高」となっています。

 

 

 

 

 

 

中古で年収倍率が 10倍を超えたのは東京都だけ、次に大きいのは沖縄県の 9.32倍。2017年の 8.09倍からしても急伸ぶりが際立っています。

調査は 2018年に分譲された新築と築 10年の中古のマンション価格( 70平方メートル換算)を平均年収で割って算出しました。年収は都道府県別の県民経済計算の 1人当たりの雇用者報酬を基に計算しています。

 

 

2019/12/05   日本経済新聞

 

 

 

首都圏新築マンション、契約率50%割れ

首都圏のマンション平均価格 6,000万超に

神戸市がタワーマンション規制

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00