NEWS

ブログ

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. 横須賀市など、全国初「 A I 運行バス」実証実験

2019/12/01

横須賀市など、全国初「 A I 運行バス」実証実験

横須賀市、京浜急行電鉄株式会社、株式会社NTTドコモ、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構の4者は、横須賀市逸見地区とその周辺で、2019年12月9日~2020年2月24日の期間、住民の移動手段としてNTTドコモのオンデマンド乗合交通「AI 運行バス」の実証実験を実施します。

横須賀市は、産官学が一体となって社会課題の解決や地域活性化を進めるヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジを展開しており、今回の同取り組みもその一環です。

 

 

「AI運行バス」とは

乗りたいときに行きたい場所まで、自由に移動できるオンデマンド型公共交通システムです。AI(人工知能)を使い、リアルタイムに発生する「乗降リクエスト」から、最適な乗り合わせ(乗り合せる組合せ)を判断し、「車両配車+運行の指示」を行うことにより、お客様にとって効率的な移動を実現します。またAI運行バスは、お客様の移動の先にある目的地のサービスと交通との連携を可能とするMaaS (Mobility as a Service : 「マース」)プラットフォームです。

 

AIバスのイメージ

 

 

 

医療施設や商業施設、健康増進施設などを連携

同市内でバス路線がない逸見地区とその周辺の住民を対象に、新たな交通手段として「AI 運行バス」を運行、日常生活に必要不可欠な医療施設や商業施設、健康増進施設などを連携させることで、住民の利便性向上と健康増進、社会保障費抑制や地域経済活性化を目指します。

地域の商業施設や医療施設で使われるシステムと連携し、「A I 運行バス」を運行する例は今回が全国初だということです。

 

 

 

ダイナミックルート(走行ルートの最適化)

利用者の移動需要に最も効率的に対応できる送迎順で、必要な乗降ポイント間を走行。効率的な運行が期待されます。
需要に応じた最適ルート運行:定時・定路線の循環バス等に比べ、利用のない区間の走行が不要になるなどの効率化も見込めます。

 

 

 

 

 

A I がリアルタイムに乗車車両を決定

ドコモの「A I 運行バス」は、利用者のスマートフォンのアプリや、コールセンターへの電話依頼による配車予約に応じ、A I がリアルタイムに乗車車両を決定し、時刻表に縛られることなく移動できるものです。

利用者に地域の施設や店舗の情報を発信、クーポンの配布ができる「集客サポート機能」も搭載している。

今回の同実証実験では、国家公務員共済組合連合会横須賀共済病院と協力し、電子カルテシステムと「A I 運行バス」のシステムを連携。

病院予約の前日リマインド通知と連携した「A I 運行バス」の予約を可能とし、通院忘れの防止や、交通の利便性向上による確実な来院を目指します。

また、株式会社京急ストアと協力し、管理栄養士監修の健康レシピなどを利用者の好みに応じて A I が提案するスマートフォンアプリ「FitFood®」から「A I 運行バス」の利用者アプリを呼び出せるようにすることで、必要な食材の購入のために、地域内の「京急ストアFHaB湘南池上店」へ来店する意向をもつ利用者数を把握。

同店舗で開催される管理栄養士による健康イベントなどのイベント情報のプッシュ発信や、来店時に使用可能な「A I 運行バス」乗車クーポンの提供による来店者数の推移を検証するとともに、外出機会の創出を促しながら、健康的な食生活につなげる取り組みを進め、健康寿命の増進を目指します。

さらに今回の「A I 運行バス」は、京急中央交通株式会社が有料運行し、京急線の駅や京浜急行バス株式会社のバス停付近への乗降ポイントの設置による基幹交通とのスムーズな接続も実現。

また、決済手段として、公共交通で広く利用されている交通系 I C カードの利用も期間途中から開始する予定としています。

 

 

NTTドコモ ホームページ

 

 

 

富山県のコンパクトシティ

阪神間の路線価とタワマン抑制

郊外にゴーストタウン出現?

 

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00