NEWS

ブログ

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. トヨタの新型車で健康寿命延伸!?

2019/11/15

トヨタの新型車で健康寿命延伸!?

車を運転して外に出掛けたい「足腰の不自由な高齢者」に朗報です!

 

 

 

トヨタの新型車にターンチルトシート

2020年2月中旬に国内で発売される、4代目「トヨタ・ヴィッツ」改め、新型「ヤリス」。そのプロトタイプの試乗会が、千葉・袖ヶ浦のサーキットで開催されました。

その試乗車がずらりと並んだピットのそばに、前席のドアとバックドアが全開になったまま運転席が横を向いて外にせり出しているクルマがありました。それは「ターンチルトシート」と呼ばれる新機構、トヨタ初の新装備です。

 

 

 

 

 

 

操作レバーを引くだけでシートはくるりと外にせり出し、おじぎしてくれる(座面先端が下がる)。普通のシートに不満のない人でも「これは楽だ」と感じると思います。

太り気味の方や、服装を気にせず乗り降りをスムーズにしたい女性にも、きっと歓迎されるはずです。

 

 

 

 

回転シートを高齢者向けに進化

開発したのは、トヨタのCV製品企画の中川 茂さん。これまで15年にわたって、「ウェルキャブ」と呼ばれるトヨタの福祉車両の開発に関わってきたエキスパートです。

ウェルキャブにも“回転するシート”はありましたが、新開発シートは、上記の作動アクションの進化に加えて、「体に障害のある方だけでなく、広く高齢者(ここでは65歳以上の方)に使ってもらえるよう配慮しました」ということです。

 

 

 

足腰の不自由な高齢者は500万人

トヨタの調べによれば現在、「足腰の不自由な障害者」(推定100万人)のおよそ1割が福祉車両を利用しているのに対し、その5倍(500万人)にあたる「足腰の不自由な高齢者」の利用率は1%。無いに等しい状況という。多くの人にとって、必要なはずなのに、です。

「高齢者の健康にとって“クルマでの自発的な移動”が大事」というデータがあります。高齢者がマイカーの運転や同乗から完全に切り離されると(特にクルマ頼みの地方では)外出の機会そのものが著しく減り、寝たきり・要介護になるリスクが 2.2倍に高まるというのです。それでも高齢者がウェルキャブと距離を置きたがるのは、何よりも「福祉くささがイヤ」で「自分のことを、サポートが要る弱い人間だと認めたくない」からだそうです。

われわれは、クルマを通じてそういうお年寄りの“健康寿命”を延ばしたい。いまこそ、やらねばならんと思っているんですっ」と中川さんは熱く語ります。

 

 

 

 

 

具体的な対策として、ターンチルトシートはヤリスのオプション装備として気軽に選べるようになっています。先代(ヴィッツ)では助手席のみ回転シートがあったものの、普及拡大(中川さんは少なくとも3~5倍を期待している)を前提とする新型のそれは、運転席、助手席ともに選択できます。

「3カ月後には出るわけですが、まだオプション価格は確定してないんです。でも、他モデルに用意されていた従来型の回転シート(約16万円)からすると、大幅に、もうビックリするくらい安くなりますから!」と中川さんは目を輝かせます。

バックドア側には、人の役に立つ、もうひとつのヤリスの新装備が付いています。車いすの電動収納装置である。これまでも、ヤリスより大きな他モデルには「車いすの利用者を助手席に導いたあと、乗ってきた車いすを縦に積み込む装置」はありました。

 

 

 

 

 

 

今回のものは、車いすを横方向に倒しつつ、コンパクトハッチバックの荷室へと引き込む。狭い道を行ける小さなヤリスでこの装置が使えるのは、非常に大きいといえます。

老老介護の進む日本社会において、大変有り難いシステムです。

 

2019/11/15   web CG  

 

 

 

ダンスで要介護リスク回避!?

介護した人の遺産相続

フレイルの検診、来年度から実施へ

泉大津市、あしゆびプロジェクト

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00