NEWS

ブログ

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. 血液1滴でアルツハイマーを診断

2019/11/08

血液1滴でアルツハイマーを診断

名古屋市立大の道川誠教授(神経生化学)らのグループは5日、微量の血液からアルツハイマー病の早期診断ができる可能性がある検査法を発見したと発表しました。

グループは本格的な臨床研究を進め、2~3年以内に実用化したいとしています。

グループによると、アルツハイマー病は発症の20年以上前からアミロイドベータ(Aβ)というタンパク質が脳内で蓄積することが原因のひとつとされ、蓄積が進んでしまうと治療の効果が出にくいため、発症前の早期診断が望まれています。

Aβが蓄積しているかどうかは現在、陽電子放射断層撮影装置(PET)や、脳脊髄液を採取する検査で調べているが、費用が高いことや患者の負担が大きいことが課題となっています。

グループは、培養した脳内の細胞にAβを投与すると、細胞から出る「フロチリン」というタンパク質の量が減ることに着目。健常者とアルツハイマー病患者、発症の前段階である軽度認知症が確認された人ら計 72人の血液に含まれるフロチリン濃度を調べました。

すると、アルツハイマー病患者は健常者より濃度が平均で約 40%低く、PET検査でAβの蓄積が確認され、発症が懸念される軽度認知症の人も約 25%低下。軽度認知症でも蓄積がない人は低下していませんでした。

フロチリンは血液1滴でも検出可能のため、道川教授は「誰でもどこでも検査できるような手法を開発したい」と話しています。

 

今年3月には、こんな報道も

血液1滴で13がん種を同時診断、日本発miRNA測定技術

 

血液中に含まれるマイクロRNA(miRNA)をマーカーとして、13種類のがんを同時診断する検査システムの開発が進み、実用化が近づいています。

 

 

 

miRNAはctDNAと何が違うのか

リキッドバイオプシーの解析対象としては、米国を中心に開発の進む血中循環腫瘍DNA(ctDNA)が知られている。ctDNAなどの従来の腫瘍マーカーが、がん細胞のアポトーシスに伴って血液中で検出されることと比較し、miRNAはがん細胞の発生初期から血液中を循環するため、より早期の診断が可能だといいます。

 

 

miRNA、13 がん種について高い感度で診断可能なことを確認

日本人に多い13種類のがん(胃がん、大腸がん、食道がん、膵臓がん、肝がん、胆道がん、肺がん、乳がん、卵巣がん、前立腺がん、膀胱がん、神経膠腫、肉腫)をターゲットとして、対照群を含めて約5万3,000検体(2019年2月現在)が解析されました。その結果、たとえば乳がんの場合、5つのmiRNAの組み合わせによって、感度 97%/特異度92%で診断できることが確認されました。「感度97%というのは、乳がんと診断した 100人のうち 3人間違えるということ」と。

「100%でない限り、もちろん過剰診断には留意しなければなりません。しかし非侵襲的であることも含め、次の検査につなげる早期のスクリーニングツールとしては、非常に有力だといえる」と話しました。

その他、卵巣がん(感度99%/特異度100%)2)、膵がん(98%/94%)、大腸がん(99%/89%)、膀胱がん(97%/99%)3)、前立腺がん(96%/93%)など、いずれもmiRNAのマーカーとしての高い感度が確認されています。

 

 

miRNAは認知症や脳卒中のマーカーとしても有望

これらの研究成果をもとに、現在 4社が実用化に向けて開発を進めています。血液検体から13種類のがんを全自動で検出するための機器、検査用試薬や測定キットなどが開発中だということです。また、今回の研究結果とこれまでのmiRNA関連の研究結果を機械学習に入れ込み、全部で 2,655種類あるmiRNAの中から、現状では、およそ 500種類程度をチェックするがんの診断モデルが構築されています。このモデルは、判別精度をより高めるためのブラッシュアップが続けられているという。

miRNAはエクソソームに内包されており、エクソソームは分泌元となる細胞の特徴を反映することから、がん以外の疾患のマーカーとしても活用が期待されています。

当プロジェクトではすでに、認知症と脳卒中で有望な結果がでています。認知症では、アルツハイマー病、血管性認知症、レビー小体認知症をmiRNAは高感度で判別しました。

また、症例数が少ないデータですが、軽度認知機能障害 32例で、半年後の認知症への進行の有無が 100%の確率で予測されています。さらに、これまで有力なマーカーが確認されていない脳卒中のリスクマーカーとしてもmiRNAは有用であることが確認され、近く発表が予定されています。

 

ケアネット(2019/3/13)

 

 

 

将来の不安「がん」より「認知症」

認知症予防に【白カビチーズ】が有効

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00