NEWS

ニュース

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. 毎日1万歩で健康、根拠なし!?

2019/11/05

毎日1万歩で健康、根拠なし!?

Business Journal に健康寿命の延伸につながる興味深い記事を見つけました。「毎日1万歩を歩いて健康に!」というのは根拠が無いようです。

 

 

 

日本初の歩数計 万歩計1号機の広告

 

 

 

「毎日1万歩ずつ歩けば健康になれる!」と思っていませんか?

これは単なる都市伝説であって科学的根拠は存在しない、という主旨の記事が米国の医学専門誌に発表されました【注1】。

それどころか、1万7000人の高齢女性を対象に追跡調査を行ったところ、1日に4400~7500歩くらい歩いている人の寿命がもっとも長いことがわかったそうです。

1日1万歩は必要がなかったのです。1日1万歩の話があまりにも有名になったばかりに、「そんなに歩くのは無理」と考える人も少なからずいて、とくに高齢者の運動に対する意欲をそいでしまっていると考える研究者さえいます。

 

 

日本の万歩計が火付け役?

前述の記事によれば、この1万歩神話は、1965年に日本で発売開始された「万歩計(R)」がヒット商品となり、そのキャッチコピーが「1日1万歩運動」だったことで生まれました。時あたかも東京オリンピックが終わったばかりで、国民の生活に余裕も生まれ、運動熱が高まっていました。

万歩計を開発した会社のホームページによれば、当時、ジュディ・オングさんのコマーシャルも話題づくりに一役買っていたようです。

 

 

 

 

 

健康長寿のために早歩き

そもそも、歩くことは本当に体に良いのでしょうか? もしそうなら、どれくらい歩けばいいのでしょうか?

わかってきたのは、「歩数」よりも「歩く速さ」が大切だという事実でした。米国ハーバード大学など複数の研究機関で行われた研究では、2万人を超える男性を対象にして、9.4年間にも及ぶ追跡調査を行い、死亡率が分析されました。その結果、意識的に時速6.5キロメートル以上の速さで歩いている人は、そうでない人に比べ、9.4年間に死亡した人が37パーセントも少なくなっていました【注2】。そのほかの調査でも、結果はほぼ同じです。

 

国内でも調査が行われています【注3】。複数の大学が共同で行った研究で、対象が64歳の日本人男性であったことから、身近なデータといえるでしょう。分析の結果、1日に歩いている時間が30分以内の人たちに比べて、1時間以上歩いている人は死亡率が明らかに少ないことがわかりました。ただし、残念ながら歩く速さについての分析はなされていませんでした。

では、ウォーキングではなくジョギングはどうなのでしょうか? 時速7.2キロメートルを超えると、体内環境のスイッチが切り替わり、「歩く」から「走る」というモードになります。その結果、エネルギー消費が急に上昇するのです【注4】。

 

最後に、健康長寿のための正しい歩き方をまとめておきましょう。

・1日の総歩数が、日々の生活の中で4400~7500歩になるよう工夫する

・できれば、時速6.5キロメートル(2キロメートルを18分半)くらいの速さで歩く

・目安として1日に合計60分以上は意識して歩くようにする(屋内の仕事も含めて)

・すでに毎日1万歩以上を歩いている人は、あえて歩数を減らす必要はない

・背筋を伸ばし、踵(かかと)から着地するように歩く

(文=岡田正彦/新潟大学名誉教授)

 

 

2019/11/04  https://biz-journal.jp/2019/11/post_126089_2.html

 

 

健康寿命延伸は お口から

認知症予防に【白カビチーズ】が有効

ピンコロと健康寿命

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00