NEWS

ブログ

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. 賃料日本一は渋谷

2019/10/29

賃料日本一は渋谷

日本一のオフィス街は千代田区ではなく「渋谷」――。

違和感を覚えるかもしれませんが、賃料でみると、今夏以降、大企業が本社を連ねる「丸の内」を擁する東京都千代田区よりも、渋谷区の方が高くなっています。都心部で大規模な再開発ラッシュが続く中、渋谷が抜き出たのはIT(情報技術)を基盤とする「テック企業」の隆盛にほかなりません。都心の賃料相場はIT企業の動向で決まる様相です。地形と若者が集まるという特性も渋谷が躍り出る一因となっています。

 

 

 

「3.3平方メートル当たり5万円」

 

 

 

「『渋谷ヒカリエ』で空くフロアを、坪(3.3平方メートル)5万円で募集するようだ」。ある仲介会社の営業担当者がささやく。再開発が進む渋谷駅前に立地する同ビルは、ディー・エヌ・エーが本社を構え、LINEもかつて入居していた、エリアを代表する物件の一つです。

坪 5万円とは、どの程度の水準なのでしょうか。仲介大手の三鬼商事(東京・中央)によると、9月の渋谷区の平均賃料は2万4607円(3.3平方メートルあたり、共益費は除く)で、2倍以上となる強気の賃料設定です。それでもすぐ後継テナントが決まってしまう状況だといいます。

渋谷駅の真上に11月に開業する「渋谷スクランブルスクエア東棟」には、サイバーエージェントやミクシィなどが入居します。サイバーエージェントは「住友不動産渋谷タワー」を 1棟借りし、グループ会社も含めそれまで入っていた「渋谷マークシティ」などから 3月に移転したのに続いてのオフィススペース拡張となります。

現在、港区の「六本木ヒルズ森タワー」を本拠地とするグーグル日本法人も2018年開業の「渋谷ストリーム」に丸ごと入る予定です。年内完成見込みの渋谷パルコ再開発ビルはデジタルガレージなどが入り、満室で稼働しそうだということです。

旺盛な需要は賃料が上がるペースにも表れている。9月の千代田区の平均賃料は2万3954円で前年同月に比べ6%(1363円)高くなっているが、渋谷区はこの1年間で12%(2,668円)上昇と急ピッチです。賃料水準も千代田区を3%(653円)上回ります。

 

 

 

 

 

 

この2年のオフィスビルの供給量は渋谷区は約8万平方メートル。約66万平方メートルの千代田区に比べ、圧倒的に少なかったのです。19年は再開発で渋谷区の供給面積が千代田区を上回るなか、賃料も伸びている点が異例だといいます。

東京駅に近い「大手町」や「有楽町」も含む丸の内のビジネスエリアとしての地位が脅かされているわけではありません。18年は「日比谷三井タワー」や東京会館などを建て替えた「丸の内二重橋ビルディング」が開業。「丸の内の大家」といわれる三菱地所は大企業だけでなく、スタートアップの誘致にも力を入れています。

仲介大手の三幸エステート(東京・中央)によると、9月末の千代田区の「丸の内・大手町」エリアの大規模ビル(1フロアの面積が660平方メートル以上)の平均募集賃料(共益費含む)は、4万1,838円。渋谷区で最も高い「桜丘・南平台」エリアの3万5,250円を大きく上回ります。

ただ、細かくみると、渋谷スクランブルスクエアなどがある「渋谷・道玄坂」エリア(3万3,417円)や、「恵比寿ガーデンプレイスタワー」が立つ「恵比寿・広尾」エリア(3万3,750円)の賃料は、丸の内・大手町を除く千代田区内エリアよりも高い。

 

 

IT 企業がけん引

千代田区を上回るほど渋谷区で賃料が総じて高くなっているのはなぜか。その一因は物件の希少性にあります。

三幸エステートの調べでは、9月に千代田区内で募集していた物件数 590棟に対し、渋谷区は 327棟と少なく、うち大規模ビルは千代田区の 76棟に対し渋谷区では 21棟と、3分の 1以下です。急成長を遂げるIT企業の需要を満たすオフィスの供給が限られている渋谷の現状が賃料を押し上げているということです。

空室率でも、渋谷でのビル供給不足が浮かび上がる。三鬼商事のデータによると、9月の渋谷区の空室率は 1.51%で千代田区の 1.28%をやや上回ったが、8月までのこの1年間は常に渋谷区が低く、18年10月は 1%を割り込んだほどとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

人材獲得には渋谷

なぜこれだけIT企業が渋谷に引き付けられるのか。サイバーエージェントの武田丈宏執行役員は「主に若年層をターゲットとしたビジネスを手掛けるうえで、情報の集積や人材獲得などの面で、渋谷で働く意義は大きい」と話します。

これまでオフィスビルの開発が少なかったのは、渋谷駅周辺が谷地という地形で、まとまった広さの用地を確保しにくかったこともある。同じ巨大ターミナルの新宿駅や東京駅の周辺と比べれば明らかだ。それでも殺到するIT企業。19年は渋谷区で過去最高水準となるオフィスビルが供給される見通しだ。

高さ230メートルを誇る渋谷スクランブルスクエアを開発する 1社のJR東日本は「渋谷から世界展開する企業に選ばれるオフィスを整えたい」と意気込みます。テック企業の業績次第の面もありますが、渋谷区の賃料が千代田区を上回る傾向は続く可能性があります。

 

 

2019/10/29  日本経済新聞

 

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00