NEWS

ブログ

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. 台風でマンション浸水、価格に影響?

2019/10/17

台風でマンション浸水、価格に影響?

10月12日に日本列島を襲った台風19号は、各地で多くの死者、行方不明者を出す大災害となりました。

被害に遭われた方に、お見舞い申し上げます。

 

そうした中で話題となっているのが、神奈川県川崎市中原区【武蔵小杉駅】周辺の武蔵小杉エリアです。この付近で多摩川は氾濫しませんでしたが、街のあちこちで雨水を多摩川に流すはずの下水道の逆流が原因とみられる浸水・冠水被害に遭いました。タワーマンションの建設ラッシュで「住みたい街ランキング」で上位に入る人気を誇ってきた同エリアですが、専門家は今後、資産価値の下落は避けられないとみています。

 

 

川崎市中原区で 720軒が浸水

高さ100メートルを超えるタワマンが駅周辺に14棟も林立する武蔵小杉駅前、急ピッチで復旧作業が行われているのは、駅前に立つ47階建てのマンションです。

2008年に完成したタワマンで、武蔵小杉発展のシンボル的な存在でしたが、台風19号でマンションの地下が浸水し、電気設備がダウン。自家発電設備のある上層階は無事だったが、低層階が停電と断水被害に見舞われました。排水作業を行っているものの15日現在、復旧の見通しがついていません。浸水の原因か、下水処理が間に合わず、上層階からの下水が低層階の排水溝から吹き出し、トイレの使用を禁止する事態になりました。

 

 

低地で工場地帯だった武蔵小杉

工場地帯だった武蔵小杉は再開発で容積率が緩和され、12年前に最初のタワマンが建設されて以降、デベロッパーが相次いで参入。大型商業施設も次々と建てられ、都心へのアクセスが良いことから人気化し、地価も高騰しました。

「榊マンション市場研究所」主宰の榊淳司氏は「2年ほど前に人口増加で、武蔵小杉駅の改札で40分待ちの報道が盛んに出て、武蔵小杉のタワマンの売れ行きに陰りが出ていた。この10年くらいで坪単価は270万円から400万円まで上がっていたが、もともと低地で、人が住まない工場のグラウンドだったところ。なぜ武蔵小杉が東京の文京区と同じ価格なのか? バブルで実力以上の値段になっていた。そこに今回の被害で、人気がなくなるきっかけになる」と指摘します。

停電被害となったタワマンと同じデベロッパーが手掛けた駅前のタワマンでは、ネットニュースサイトで被害があったと伝えられたことにホームページ上で事実誤認と反論。「台風19号前後を通して、各部屋及び共用部のすべてで、施設設備は通常通り使える。『事実』を信頼いただきたく存じます」と訴えた。資産価値に直結するだけに風評被害にはナーバスになるのも無理はないところだ。

榊氏は「いきなり価格が下がることはないが、5年くらいかけて3割下がることはあり得る。武蔵小杉ではあと2つ、タワマンを建設中ですが、売れ行きは鈍るでしょう。土地はまだあるので、今後も建設計画はあるでしょうが、デベロッパーも腰が引ける。この2、3年でまた同じような被害が起きたら、イメージダウンから回復できない」と話します。

“バブルの街”は正念場を迎える。

 

2019/10/16  東スポWEB

 

 

 

 

 

喉元過ぎれば熱さを忘れる?

2011年3月11日に発生しました東日本大震災。タワーマンションが揺れる映像が流れ続け、埋め立て地では液状化現象で建物は傾き、浦安駅は地盤が波打っていました。

「日本人は飽きやすい」「熱しやすく冷めやすい」とよく揶揄されますが、不動産の取り引きでも裏付けられたように思います。

1年後、2年後、台風被害や地震被害がなければ、取り引きが活発化するのでしょうか。

その頃には2022年問題も表面化し、『不動産は下がり続ける』という新たな土地神話が生まれている頃かもしれません。

欧米では、「不動産はサイクルビジネス」と呼ばれています。

 

 

 

モラトリアム法 負の連鎖

午後4時の日本経済

不動産価格が下落する必然!?

東京都が農業アカデミー開設

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00