NEWS

ニュース

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. 介護の魅力、奈良から発信

2019/09/29

介護の魅力、奈良から発信

奈良県生駒市は、将来的に不足することが予測される介護従事者を確保するため、介護のやりがいや魅力を幅広い世代に向けて発信するイベント「2019ケアリンピック生駒」を来年2月に開催します。

永年従事者の表彰や現役介護士の体験談を通じて介護に興味を持ってもらうことが目的で、西日本では初の試みということです。

2018年に武蔵野市が行った【ケアリンピック】、他の行政にも広がっていくのか、奈良県生駒市の取り組みに注目です。

 

 

生駒市の10年後、後期高齢者が1.63倍に

市地域包括ケア推進課によると、生駒市は平成27年から10年後の後期高齢者の伸び率が1.63倍で、全国の市町村の上位5%に入るとの推計が出ているそうです。

要介護認定を受けた人の数も約1000人増加するとみられ、介護に携わる人材の確保が急務となっています。

 

 

介護職員による事例研究発表も

「ケアリンピック生駒」では、職場体験談の発表や就職相談、介護ロボット体験など、若い世代に介護に興味を持ってもらうための催しを予定しています。さらに現役介護士のモチベーションアップにつなげるため、市内で15年以上介護に従事した人の表彰や、介護職員による事例研究の発表なども計画しています。

今月24日に開かれた第1回実行委員会には、介護事業者や職員ら15人が参加。正式名称が決まったほか、委員からは「介護施設入所者による作品展示をしてはどうか」との提案が出されました。今後は月に1回開催される部会で表彰者の選考基準や展示内容を話し合い、来年1月15日の第2回委員会で詳細を決定するということです。

 

地元奈良の催しですので、のぞいて報告致します。

 

 

 

ケアリンピック生みの親、武蔵野

ケアリンピックの生みの親である武蔵野市の取り組みをご紹介します。

 

 

 

 

事業概要

永年介護現場で市民生活を支え続けた介護職員等が、武蔵野市の地域としての目標に沿った先進的な取組みを紹介し、互いに研鑽し、称賛する場としてケアリンピック武蔵野2018を開催します。武蔵野市における「まちぐるみの支え合いの仕組みづくり」に向けて、介護や看護に従事する人たちが夢とやりがいをもって働きつづけられるように、人材確保に寄与することを目的とします。

 

 

日時・会場

平成30年12月1日(土曜日) 午前10時から (受付午前9時30分から)

武蔵野スイングホール(武蔵野市境2-14-1)

入場無料です。

 

プログラム概要

スイングホール(2階)

プログラム

 

レインボーサロン(11階)

プログラム

 

 

武蔵野市に続いて行う奈良県生駒市のケアリンピック、他の市町村のお手本になりますよう、期待しています。

 

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00