NEWS

ブログ

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. 認知症のリスク 1.65倍?

2019/08/25

認知症のリスク 1.65倍?

昨日に引き続き、認知症のリスクを調査した記事からお伝えします。

昨日の調査は 3,700人程度に対し、本日の調査は 49,000人を3年間追跡調査したとのことです。

 

 

近くに食料品店が無いと思う人はリスク大?

自宅近くに生鮮食料品が手に入る店が「全くない」と思う高齢者は、「たくさんある」と思う高齢者に比べて認知症のリスクが1.65倍だったとの調査結果を10日、東京医科歯科大や千葉大などの研究グループが発表した。研究者は「新鮮な商品を選んだり、献立を考えたりする過程が、認知機能に好影響を及ぼしている可能性がある」としています。

 

 

 

2010~13年の約3年間、65歳以上の高齢者約4万9千人を追跡調査。

 

 

 

コンビニや公民館の数も調査!?

「家から1キロ以内に新鮮な野菜や果物が手に入る商店・施設はどれくらいあるか」との質問に対し、「たくさんある」「ある程度ある」「あまりない」「全くない」の4つの回答グループに分類。各グループ内で約3年間の追跡中に認知症となった人がどれくらいいるのかを調査しました。

年齢や性別、経済・就労状況、同居の有無などの影響を調整。その結果、近くに食料品店の数が「全くない」と回答した2665人のうち、9.9%(264人)が約3年の間に認知症になった。「あまりない」の発症した割合が7.8%、「ある程度ある」が6.1%、「たくさんある」が4.8%だった。

「たくさんある」に比べて、「全くない」は認知症になるリスクが65%高かった。「あまりない」は43%、「ある程度ある」は21%高かった。

調査した東京医科歯科大の谷友香子・特別研究員は「単純な店舗数よりも、高齢者本人が『行きたい』と感じる店があるかがより重要だ。食料品店に出かけることが認知症予防につながる」と分析している。

飲食店やコンビニエンスストア、公民館の数についても同様に調査したが、食料品店のような認知症リスクの差はみられなかったという。谷氏は「食料品店の少ない地域では、歩行が困難な後期高齢者向けに移動販売をするだけでなく、健康維持の観点から生鮮食品の仮設販売所をつくるなどの施策も求められる」と提言している。

 

 

 

 

男女別や健康の程度、趣味など

万人に当てはまる調査項目では無いように感じてしまうのは私だけでしょうか。

料理をしない人にとっては新鮮な野菜や果物が手に入る商店や施設が近くに在るか無いか、ということにも そもそも関心が無いのですが。

料理が好きで、毎日楽しんでいる人が近くに新鮮な野菜を取り扱うお店があれば気持ちが高まると思います。これは、好奇心旺盛な人が毎日々々新聞を隅から隅まで読み、この繰り返しが脳を刺激して100歳を超えて長生きしている方々の共通事項というのと少しニュアンスが近いように感じます。

好きなことを歳をとっても毎日繰り返すことで、認知症予防(認知症対策)になるのだと感じています。

いつまでも好奇心旺盛な行動力のあるヒトでいたいと思います。

自ら認知症の調査項目にチャレンジし続けます!

 

 

認知症リスク、欧米と逆

成年後見制度の診断書、初改訂へ

金融機関の口座凍結 ②

成年後見人「親族が望ましい」と最高裁

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00