NEWS

ニュース

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. がんの3年5年生存率が改善

2019/08/09

がんの3年5年生存率が改善

 

国立がん研究センターは8日、2012年にがんと診断された患者の3年後の生存率が72.1%、5年後の生存率は66.1%だったと発表しました。

 

3年生存率の公表は昨年に続き2回目で、0.8ポイント改善しました。

2009~10年に診断を受けた人の5年生存率も0.3ポイント改善しており、新しい抗がん剤の開発などが奏功している可能性があります。

 

 

 

 

 

 

がんの生存率は昨年から公表

国立がん研究センターは昨年、最新の治療の効果をいち早く検証するために3年生存率の公表を始めました。
診断から3年間生存している人の割合を、がん以外の死因の影響を除外して計算します。

がん治療の中核として国が指定する「がん診療連携拠点病院」など全国433施設のうち、349施設のがんと診断された約55万人の情報を基に、調査データがそろっている286施設の33万9376症例をまとめました。

 

患者の予後の調査に取り組む病院が増えたことなどから、症例数は昨年の調査から 1割増えました。

 

今回の集計には、2014年に発売された新薬「オプジーボ」をはじめとする「免疫チェックポイント阻害剤」による治療を受けた患者も含まれているとみられます。

 

国立がん研究センターの東尚弘・がん登録センター長は 「昨年の結果からの変動幅は小さく、詳しい効果を検証するにはさらに数年間の調査が必要だ」 としています。

 

 

 

 

3年生存率 前立腺がんで 99.2%

3年生存率を種類別で見ると、前立腺がんの99.2%が最も高く、女性の乳がんの 95.2%、子宮内膜がんの 85.9%が続きました。

 

逆に最も低かったのは膵臓(すいぞう)がんの16.9%でした。

 

今回の調査では、患者側から要望の多かった腎がん(85.6%)、喉頭がん(84.4%)、腎盂(じんう)尿管がん(55.6%)、胆のうがん(33.4%)の生存率を新たに公表しました。

 

難治がんとされる胆のうがんは膵臓に次いで生存率が低くなりました。検診の手法が確立していないことなどが影響しているとみられます。

 

 

 

 

5年生存率も0.3ポイント改善

2009~2010年に診断された患者の5年生存率はがん全体で 66.1%と、前年の 65.8%から0.3ポイント上がりました。

 

医療機関により、生存率に差があるが、患者の年齢や併存疾患の有無などの影響があり、単純に治療実績を比較するものではない。

 

東センター長は「各施設の特性や対象としている患者の背景などを十分に理解した上で、生存率を見てほしい」としている。

 

 

 

 

 

 

 

 

詳しくは同センターのウェブサイト(https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/brochure/)に掲載しています。

 

 

◆5年生存率=がんと診断された人が5年後に生存している割合で、がんの回復の一つの目安となる。がん以外の病気や事故などによる死亡の影響を除き調整した相対生存率を使っている。

 

 

 

 

 

 

がん患者の介護保険利用

 

胃がんのリスク因子は?

 

最善願い、最悪に備える!

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00