NEWS

ニュース

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. 岡山市が無料の「フレイル」対策

2019/08/04

岡山市が無料の「フレイル」対策

要介護状態の一歩手前のことを、「フレイル」と呼びます。

これを早期発見し、介護予防につなげようと岡山市は8月から市内の医療機関などで無料の健康チェックを始めます。

「運動、食生活、生きがい、社会参加、そういった要素、フレイル対策も同じ要素。岡山の市民がより健康で長生きをしていく、こういったものを目指していく」(岡山市 大森市長)とのことです。

 

 

岡山市ホームページより

 

 

8月5日から無料で健康診断

岡山市が8月5日から始める、フレイル対策事業。

おおむね65歳以上の方を対象に、できるだけ早い段階から介護予防の取組に繋げることで、高齢者が要介護状態に陥ることを防ぐことを目的に、令和元年8月からフレイル対策事業を実施します。
フレイルとは、健常と要介護の間の時期で、加齢とともに心身の活力(例えば筋力や認知機能など)が低下した状態のことです。早期に発見し、予防の取組みを行うことで、生活機能の維持向上に高い効果が得られると言われています。
お近くの薬局やブランチ岡山北長瀬などで無料でチェックを受けることができますので、お気軽にお立ち寄りください。

 

 

要介護状態になる前に

「フレイル」とは心身の活力が低下している状態のことで、さらに悪化すると要介護状態になります。これを防ぐため、医師会などの協力を得て医療機関や薬局など市内47カ所でチェックシートを使った診断を実施します。

 

「フレイル」状態の場合、理学療法士などの専門職が原因を分析し、運動や社会参加など必要な取り組みを個別に指導します。

岡山市の健康寿命は2016年度時点で男性が71.64歳、女性が74.34歳でともに全国平均を下回っています。市では今年度2500人を診断したいとしています。

 

自治体の取り組みに格差

自治体が「フレイル」対策に力を入れたり、認知症事故に保険制度を導入したり、コンパクトシティ化に向けて具体的に動いたり、高齢化社会を控えて、終の棲家(地域)を選ぶ要因になるかもしれないと感じます。

 

 

 

認知症事故に自治体が保険制度

 

神戸市がマンション認証制度

 

予防医療の交付金「努力」に応じて増減、減点方式を導入

 

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00