NEWS

ニュース

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. 日本人の平均寿命、最高更新

2019/07/31

日本人の平均寿命、最高更新

2018年、日本人の平均寿命は女性が 87.32歳、男性が 81.25歳で、ともに過去最高を更新しました。厚生労働相が 7月30日に発表。

2017年に比べて女性は 0.05歳、男性は 0.16歳延び、平成の30年間では男女ともに5歳ほど寿命が延びました。過去最高の更新は女性が6年連続、男性は7年連続です。

 

 

3大死因による死亡率が低下

厚生労働省は 『日本人の三大死因である 「がん」「心疾患」「脳血管疾患」 などの死亡率の低下が平均寿命を延ばしている。健康意識の高まりで、更に寿命が延びる可能性がある』 と分析しています。

 

 

 

 

平均寿命は日本にいる日本人の死亡率が今後も変わらないと仮定したとき、その年に生まれた0歳児があと何年生きられるかを表す数値です。将来の社会保障、経済政策の方向を決める指標になります。

2018年生まれの日本人が75歳まで生きる割合は女性が 88.1%、男性が 75.6%。90歳まで生きる割合は女性が 50.5%、男性が 26.5%。半数が生存していると推定される「寿命中位数」は女性で 90.11歳、男性は 84.23歳でした。

がん、心疾患、脳血管疾患で死亡する確率は女性で 45.52%、男性で 50.06%。仮にこれらの病気で亡くなる人がゼロになれば、女性は 5.55歳、男性は 6.7歳、平均寿命が延びるといいます。

平均寿命が延び続ける一方、2018年の合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産む子の推計数)は 1.42 にとどまり、同年に生まれた子どもの数は91万8397人で過去最低を記録。今月に総務省が発表した人口動態調査でも日本人の人口は10年連続で減少しています。

また、自立して生活できる年齢を指す「健康寿命」は2016年時点で女性は 74.79歳、男性は 72.14歳。平均寿命と健康寿命とに大きな開きがあり、高齢者が健康で暮らせる長寿社会を実現するための課題は多いようです。

 

 

 

 

 

シンガポールが平均寿命・健康寿命 世界一に

相続対策は元気であってこそ

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00