NEWS

ニュース

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. 日本の不動産会社、債務バブル越え

2019/07/06

日本の不動産会社、債務バブル越え

 

bloomberg  news  2019/7/5  より

 

日本の不動産大手は危険な領域に入りつつあるというのがS&Pグローバル・レーティングの判断だ。
同社は最近のリポートで、不動産業の債務水準がバブル時代を上回っていると指摘した。

 

 

 

 

 

 

S&Pは、「国内不動産市況はピークを迎え、下降局面が近づいている」と指摘。

「賃貸市況は、オフィスセクターは足元では堅調であるが、製造業を中心に企業業績の減速が見られることや、2020年と2023 年に東京都心部での大量供給が予定されていることで需給は緩む可能性がある」  と分析した。

 

S&Pは、不動産大手の財務レバレッジが上昇すると予想。有利子負債を活用して成長投資を進めるほか、総還元性向を引き上げて自己資本の増加を抑制する施策を続けることがレバレッジ上昇につながると解説した。

 

S&Pは  「金融環境の悪化によって銀行の不動産業向け融資が縮小に転じ、不動産市況が下降局面に入った場合」  には、 「不動産大手では不動産価格の下落と負債コストの上昇で資産と財務内容が悪化する」  との見通しを示した。

 

 

 

 

 

不動産融資、バブル期以来の『過熱感』

 

先進国の金融危機発生確率31%

 

午後4時の日本経済

 

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00