NEWS

ニュース

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. LGBTが多い住宅地の地価が高いのはなぜ?

2019/05/31

LGBTが多い住宅地の地価が高いのはなぜ?

米大都市圏では、LGBT(性的少数者)の住人の割合が多い地区の不動産価格が大幅に上昇し、その他の地区のほぼ4倍にもなることがある。そんな現象が最近の調査で明らかになりました。

不動産ウェブサイト「ジロウ(Zillow)」が公表した資料によれば、いわゆる「ゲイ地区」で不動産を購入しようとするなら、価格が割高になることを覚悟する必要があります。

 

 

アメリカでも最もリベラルと言われる都市サンフランシスコの、ゲイ男性合唱団 Carlo Allegri-REUTERS

 

 

 

<LGBT地域の地価はその他の地域より2倍以上になることも珍しくない>

アメリカ地域社会調査の定義によれば、ゲイ地区とは同性カップル世帯の割合が最も高いエリアのことです。

オハイオ州クリーブランド市、ペンシルベニア州フィラデルフィア市、そしてカリフォルニア州リバーサイド郡では、LGBT集中地区に住むコストは、他の地区と比べて不釣り合いなほど高いのです。

クリーブランド近郊のリバーサイド地区は世帯の 3.1%が同性カップルで、不動産の平均価格は平均 22万1000ドル。クリーブランド圏全体の典型的な住宅価格より 293.9%も高い。

フィラデルフィア市のロンバードとサウスステーション周辺エリアの物件は、同市内の他の地区より 241.9%高い。

カリフォルニア州リバーサイド郡のなかでも、ウェスト・パームスプリングスにある物件の平均価格は、郡内の他の地区より 233%高い。

ウェスト・バームスプリングスのLGBT世帯の割合は 9.1%で、サンディエゴのノース・バンカーズヒル(10.1%)に次いで 2番目に多い。不動産の平均価格は79万2400ドルで、サンディエゴ全体の住宅の平均価格より 25%も高い。

 

 

誰であれ弱者には手が届かない

ニューヨークでも同様の傾向がみられる。ゲイの住人が多いマンハッタンのアッパーウェストサイドからウェストビレッジにかけての不動産の価格は、他の地区の典型的な住宅より平均して 116.9%高い。

ジロウによると、同性カップルが多い地区の住宅価格が高くなりがちなのは、異性カップルよりも子供をもつ世帯が少なく、可処分所得が高い傾向があるためです。

さらに、大規模なLGBTコミュニティのある土地には寛容で柔軟なイメージがあるため、テック関連の高給取りが集まり、地区全体が高級化する傾向が続いています。だが人気の高まりは逆の現象も引き起こしかねません。

「こうした地域はいまだにコミュニティとしての意識が強く、社会の受容性も高いが、住むとなると、多くの人には手が届かないほど高くつくことが多い」と、ジロウの経済調査責任者スカイラー・オルセンは言います。

「ゲイだけでなく、LGBTQと共通する立場にある白人以外の人々やトランスジェンダー、女性など、高収入を得る可能性が低い人々は疎外される可能性がある」

 

 

市場急落時にも復活が早く、割高に

LGBT地区の住宅価格高騰は、新しい現象ではありません。アメリカの住宅市場が急落した 2012年には、LGBTの居住者が多い地域の不動産価格が平均して 29%高くなる現象が全国でみられました。また、LGBT集中地域は、他の地区に比べて市場の復活ペースが速く、2017年にはLGBT地区の不動産価格は 37%も割高になりました。

逆に、同性カップル集中地区近辺の不動産が買いやすい値段に下がっている大都市も多い。ミズーリ州カンザスシティとテキサス州サンアントニオでは、LGBT集中地区の不動産の価格がそれ以外の地区より36%安くなっていました。LGBTが住む住宅地も二極化しているようです。

 

2019/5/27     Newsweek

 

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00