NEWS

ニュース

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. 韓国では金持ち減税!?

2019/04/30

韓国では金持ち減税!?

最近、相続税が家業の相続を困難にし、“企業家精神” を失わせるという声が一部財界やメディアで上がっていますが、韓国の実行相続税率は平均 17%水準に止まっていることが調査で明らかになりました。

特に相続財産価額が500億ウォン(約49億1千万円)を超える最上位資産家の相続税の実効税率は、2012年以来次第に低くなる「金持ち減税」現象が現れていることが確認されました。

 

 

相続税の平均実効税率は 17.3%

「財閥ドットコム」が28日、国税庁の統計資料をもとに2008~2017年の相続税を集計した結果によると、5万9593人(課税不足者は除外)が死亡し、残した財産98兆7712億ウォン(約9兆5千億円)に対し、納付された相続税は17兆597億ウォン(約1兆6千億円)でした。相続税の名目最高税率は50%ですが、この期間中、平均実効税率は17.3%に留まりました。年度別の相続税の実効税率は15.8~18.7%。

名目税率に比べ、実効税率が著しく低いのは、控除率が高かったためです。基礎控除などによって課税対象から外された控除額の割合は、10年間平均46.8%で、相続財産価額のほぼ半分に達していました。年度別の相続財産価額のうち非課税の恩恵を受けた控除価額の割合は44.0~50.7%でした。

最近5年間の相続財産の価額別実効税率をみると、相続財産が500億ウォンを超過する場合、実効税率の下落傾向がさらに明確になりました。相続財産価額が500億ウォンを超えると、年度別の実効税率は2012年の48.3%から、2013年には47.1%、2014年には44.7%、2015年には39.9%、2016年には30.9%で、続けて下落した。2017年には32.3%を記録しました。

 

 

 

 

一方、相続財産価額が30億ウォン(約2億9千万円)以下の場合の実効税率は2012年の6.4%から、2013年には6.5%、2014・2015年にはそれぞれ6.6%、2016年には6.2%、2017年には6.8%など、年度別の差がほとんどありません。

2012~2017年年度別平均実効税率を見ると、相続価額30億ウォン以下は6.2~6.8%、30億ウォン超過100億ウォン以下は16.2~19.3%、100億ウォン超過500億ウォン以下は28.9~33.2%でした。

 

キム・ジンチョル記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr)

 

 

 

日本では法人税は減税、相続税は増税という傾向ですが、財閥の残る韓国では大企業や資産家への優遇が色濃く残っていることが数字で表れていました。

経済が厳しい現状の韓国で、いつまで金持ち優遇が続くのか、今後も注目したいと思います。

 

 

住宅価格 世界で頭打ち

企業の格下げ 世界で増加

 

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00