NEWS

ニュース

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. 成年後見の報酬改定へ

2019/03/26

成年後見の報酬改定へ

認知症や知的障害などで判断力が不十分な人を支援する成年後見制度において、制度を運用する最高裁判所は25日までに、利用者が後見人に支払う報酬の算定方法を改定する考えを全国の家庭裁判所に通知しました。

 

 

現在は利用者の財産額に応じて決められていますが、業務の難易度により金額を調整する方法に改め、介護や福祉サービスの契約といった日常生活の支援に報酬を手厚くします。

高齢化で認知症の人が増える中、生活支援のニーズは高まっていますが、利用者からは 『後見人が報酬人に見合う仕事をしない』 といった不満が出ていました。納得が得られるように制度改正し、利用を促す狙いです。

詳しい算定方法は今後、各家裁の裁判官が決めるとの事です。

 

 

 

親族後見が望ましい

最高裁判所は18日、成年後見制度について 『後見人には 身近な親族を選任する事が望ましい』 との考えを示しました。

 

成年後見人「親族が望ましい」と最高裁

 

身近な親族による後見が増え、専門職に後見を頼らざるを得ない場合の報酬が、現状よりも低く抑えられるのであれば、大変喜ばしいことだと思います。

あとは、親族後見人の不祥事が増えないこと、専門職後見人の着服などの不祥事が減る事、それこそが最高裁が目指す制度改正だと思います。

後見人を必要とする方や家族が、安心して後見制度が利用できるように願っています。

 

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00