NEWS

ブログ

ご予約・ご質問・お問い合わせ

06-6940-1155

06-6940-1155

  1. ブログ
  2. 健康寿命で見る「世界幸福度ランキング」

2019/03/23

健康寿命で見る「世界幸福度ランキング」

健康寿命と幸福度に関する記事を見つけましたのでご紹介します。

 

毎年3月20日は国連が定める国際幸福デー。

この日に合わせて国連の関連団体が【幸福度ランキング(Ranking of Happiness)】を含む、最新の【世界幸福度レポート2019(World Happiness Report 2019)】を発表しました。

今回の調査対象は156ヵ国。一位は2年連続のフィンランド、上位10ヵ国の半数は教育や福祉の充実した北欧諸国が占めています。

日本は2017年が51位、2018年は54位、今年は58位と2年連続で順位を落としています。そして、G 7の中で最低です。

 

1位  :  フィンランド
2位  :  デンマーク
3位  :  ノルウェー
4位  :  アイスランド
5位  :  オランダ
6位  :  スイス
7位  :  スウェーデン
8位  :  ニュージーランド
9位  :  カナダ
10位  :  オーストリア

 

 

このランキングは、世界各国の1人当たりのGDPと健康寿命のほか、寛大さ(気前よさ)、社会的支援、人生における選択の自由度、腐敗の認知度、に関連するギャラップ社の世論調査結果を反映して総合的な幸福度を集計したもの。健康寿命は世界保健機関(WHO)の集計データに基づいています。

そのWHOが昨年5月に発表した最新の健康寿命(調査対象 2016年)の上位5位に今回の幸福度順位を併記すると下記のようになります。

 

 

健康寿命の上位5ヶ国の幸福度順位

1位: シンガポール 76.2年【幸福度34位】
2位: 日 本  74.8年【幸福度58位】
3位: スペイン 73.8年【幸福度30位】
4位: スイス 73.5年【幸福度6位】
5位: フランス 73.4年【幸福度24位】

 

日本の場合、健康寿命は2位ですが今回の幸福度ランキングでは「選択の自由度」など、他の集計項目の順位が低いため58位となったようです。

 

 

 

 

健康寿命が長くても短くても、その間に幸せを感じることが出来、その後、病気や怪我などの理由で健康では無くなってしまってからの幸福感も大切だな、と感じます。それは、ご本人のみならず、お世話をする周り方々の幸福感にも繋がるものだと 最近とても感じています。

 

 

相続対策は元気であってこそ

 

ご質問・お問い合わせ・ご予約はこちら

   

まずはお気軽にご相談・ご質問・お問い合わせ下さい。
税金の申告・ご相談は資産税専門の弊社顧問税理士が
ご対応いたします。

Page Top

ご予約・ご質問・お問い合わせ

受付時間:9:00~18:00